Today's Kenzo

Published on 1月 17th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海、今も昔も、金色夜叉あればこそ。

ー熱海〜の〜を〜海〜岸〜、散歩〜する〜、貫一お宮の二人連れ〜ー
今日の日曜日、第68回尾崎紅葉祭がお宮の松前で開催された。
金色夜叉に関する詳しい事は、ネット検索していただくとして、
尾崎紅葉が明治30年から5年間にわたって読売新聞に連載した、
「金色夜叉」は、熱海の海岸とお宮との松を全国区にしただけでなく、
100年以上経った現在でも、熱海市の象徴として観光客を誘い込んでいる。
男女間に金が絡んだ愛憎劇はいつの時代も、ネタ切れする事ない
普遍的なテーマであり、温泉場の湯煙とはすこぶる相性がよろしいようで、
デジタル時代の荒波にも色あせる事のないように、熱海市は
文化遺産として、紅葉の足跡を讃え維持している。式典には、









・・・・・・・

尾崎紅葉ご遺族の、杉山郁子さんが来賓の挨拶を行い、
各界関係者による献花が捧げられた後、熱海芸妓置屋連合組合による、
貫一お宮の寸劇と踊りが披露され、会場に膨れ上がった見物客を楽しませた。
・・・・・・・・・
式典に参加して思いを新たにした事は、尾崎紅葉といい、
梅園しかり、或は熱海芸妓衆や見番然りである、これまで培って来た、
熱海市の歴史や伝統文化をもう一度見直し、観光各諸団体が
志を一つにして、これらを磨き上げることで一歩、
熱海再生へのスタート台に立てるのではと、期待する。とは言え、
この世知辛い世の中、そんなキレイゴとでは足並みが揃わない事も、
甘くはないこと事も重々承知の上なのだが、お宮の松前や
熱海駅前等に所有する、市有地を活用して、熱海PRに
官民一体となって知恵を絞るべきであり、企画次第では期限付きで
民間に委ねてみるのも一考ではないだろうか。
・・・・・・・・・
また、午前中には、尾崎紅葉祭に先立ち、
熱海駅前田原本町にある、志ほみや旅館内にある紅葉山人筆塚において、
雨宮治興来宮神社宮司による神事と、恒例の記念式典が行われ、
斉藤熱海市長を始め近隣町内会や熱海市議会、
各観光団体からたくさんの関係者が参加して、紅葉の偉業を讃えた。

・・・・・・・・・・・
午後3時頃から、愚妻に尻を叩かれながら年始回りの同道する。
大黒崎にある、伊豆で最後(最初)のおそば屋さん、「加賀そば」さんでは、

マリンスパあたみにて交通事故の後遺症治療を続けている、
加藤邦雄さんを紹介され、マリンスパ3階アスレチックトレーナーの
杉山ちなみさんの功績について聞かされた。何がどうかは、
小生自身が取材をしてから、詳しくご紹介する予定である。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑


Fatal error: Uncaught exception 'wfWAFStorageFileException' with message 'Unable to save temporary file for atomic writing.' in /home/dengdeng/murayama-kenzo.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:30 Stack trace: #0 /home/dengdeng/murayama-kenzo.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(648): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/dengdeng/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/dengdeng/murayama-kenzo.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 30