Today's Kenzo

Published on 1月 30th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

外国人参政権を問う、メールを紹介する(1)

野村克也氏の祝賀パーティーは各局報道していたが、
取材の本命はどうやら、発起人に名を連ねていたものの、
進退問題の渦中にある横綱朝青龍にあったようで、
野村ご夫妻へのインタビューもその話が中心となっていた。さてTVと言えば、

政権交代後初の通常国会の様子が
新聞やTV等で茶の間に届けられているが、いただけないのが、
国会議員としての品格の欠片もないヤジと怒号のオンパレードだ。小生は、
政権交代して未だ半年も経過してないこともあり、
ひいき目に見ているのだが、最高権力者の金と政治問題で
足をすくわれて案件審議に影を落としているのは事実である。
この問題が尾を引き事業仕分け等、予算編成への
情報公開で伸ばした支持率は大きく下落し、早くも、
不支持が支持を上回ったと、今朝の日経が報じており、
鳩山総理大臣交代説まで取りざたされるとあっては、国民が期待した
民主党の姿がボヤけるばかりか、政府のスポークスマンである
官房長官の姿からは景気萎縮の象徴と
傲岸不遜の固まりにしか映るだけでなく、官僚国家、
旧態自民党化への傾斜が透けて見えてくるのは、小生だけか。
国民の総意は、デフレに萎縮する日本経済への
カンフル剤的景気浮揚策である。また、今、国会は
普天間基地移設問題を始め難問山積だが、特に、
外国人参政権付与に関する反対意見も多く、先日もメールが届いている。
・・・・・・・・・・・
民主党内でも賛否を問う議員も多いようで、静岡県7区選出の
渡辺周民主党議員も外国人地方参政権付与法案に
慎重な対応を求める署名をしており、その内容を紹介したい。
・・・・・・・・・・・・・
村山憲三様

突然のメールを失礼いたします。私はmy日本の@と申します。
村山憲三先生であれば既にご存知かもしれないのですが、
今通常国会で民主党政権は「外国人参政権」を通す予定です。
私は外国人参政権がとても危険であると反対しており、
外国人参政権を反対してくださる議員の先生を応援しています。
(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑