Today's Kenzo

Published on 12月 21st, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海市長への要望書提出に立ち会う

今日午後1時から、熱海市庁舎6階市長応接室にて、
予てからの懸案事項だった、大湯間欠泉前市有地活用に関する、
観光三団体代表による要望書が、森田金清観光協会長から直接、
斉藤栄熱海市長に手渡された。要望書提出には、
森田氏の他、内田熱海温泉ホテル旅館協同組合長や、
近隣町内会長も立会い、市有地活用への観光業者の切実な思いが
要望書に具体的に網羅されており、市長もまた、
基幹産業関係者との協議を踏まえた上で、用地活用を決めたいと、
業界との話し合いを重視していく構えを見せ、散会した。
では、中央保育園移設を目的に前市政が、
1億円近くのも市税を投入し現在、塩漬け状態となっている問題の土地への、
観光業界を主体とする要望書とはどういった内容なのか、
ここに掲載してその整合性を広く市民に問いかけてみたい。




////  熱海市長 斉藤栄様 /////

貴職におかれましては、熱海市政運営へのご尽力に感謝します。
さて、熱海市大湯間欠泉前市有地の観光・防災の為の有効活用のための、
陳情は近隣町内会や経済団体から繰り返し行われています。
その後、熱海市当局は関連団体への説明会などを行ってはいますが、
熱海市当局が私たちの要望を取り入れた計画が、
提示されることはありませんでした。熱海市当局における、
審議などの進捗状況の情報発信も十分であるとはいえません。現在、
熱海市当局は等が一の一部を保育園用地とし、
一部を観光・防災用地とする折衷案を模索しているとも
聞いていますが、その折衷案がそのような案になるかも不明です。

そこで、この度、私たちは当該地の観光・防災拠点としての一案を
提示させていただきます。熱海市当局には、
これを素案として近隣町内会や経済団体の要望を取り入れた、
計画を進めて頂くようお願いいたします。

1、熱海大湯間欠泉前市有地は観光資源として活用すると共に
  防災の拠点として使用する事。
2、観光資源として活用方法に関しては観光関係者、
  近隣町内会などの意見を取り入れて進めていく事。
3、計画の進捗状況や過程の情報公開を積極的に行う事。

平成21年12月12日
熱海商工会議所会頭              鵜沢精一
熱海観光協会長                 森田金清
熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長 内田進
熱海温泉組合長             三枝俊雄 

この要望書に添付された大湯間欠泉前市有地活用図だが、次回は、
銀座大通から、上記市有地までの縦線の活性計画案を
条件によっては売却しても、という、近隣住民の協力案と共に、
添付し、業界の要望案に尚一層の説得力を持たせることで、
斉藤市長の頑なとも思える”熱海のへそ”計画の具現化を
後押しするのではないのか、と、思案しながら庁舎の階段を下りた。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑