Today's Kenzo

Published on 12月 28th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

山東省ウイハン市、合展動画にアニメストーリー手渡す

今朝のホテルの部屋から臨む青島市内は快晴だった。
4泊5日の滞在中、起床した際に見る冬の顔は様々であり、
寝起きのゲン担ぎには毎朝、退屈しない景色だった。さて、
・・・・・・・・・
中国・山東省ウイハン市のアニメ制作会社合展動画は、
山東新聞網の記者、趙岳氏が、
ウイハン市人民政府のバックアップを視野に設立した。
アニメの輸出国、日本の技術とストーリー原案及び、業界の
人的交流の橋渡し役として、今年、
三浦正宏氏(Mエンタープライズ)との提携合意が成立し、
三浦氏の招請によって、代々木学院やアニメ製作の老舗「東京ムービー」等を視察、
また、熱海市では、山東新聞網記者として、
中国からの来誘客推進のPRを目的として、
斉藤市長を表敬訪問している。日本アカデミー協会、
日本プロデューサー協会理事でもあり、脚本家「石森史朗」氏に
趙岳氏の来日主旨を説明したところ、東京ムービーや
創作に関しては、石森ファミリーの一人、脚本家で映像作家の
田中貴大氏の協力を仰ぐ事で合意し、藩建寧氏ご夫妻の翻訳によって、
今回、アニメストーリ原案を届けることとなり、青島市に滞在した。
・・・・・・・・・・・・
昨日は、雪のため青島入りが心配されたが、列車は時間通りに到着し、
麗晶大酒店の部屋で待機していた、小生の部屋で再会する。






ホテルにて雑談した後、山東新聞網・青島と熖台氏を担当する、
譚文宝主席記者と、3日連続となる、王明殿酒店にて、
アニメストーリーに関する細部と作品完成までの、
フローチャートについて話し合う。既に日本からメール送付してある、
ストーリー案については、設計者(アニメ)との間で、
イメージが出来ているようで、田中氏から預かった、
アニメキャラが活躍するウイハンのまちの地図を書き直すことで、
大きく前進できると、趙岳氏は小林氏の手を強く握った。
・・・・・・・・・・
このアニメ、タイトルは未定だが完成の暁には、
ウイハン市だけでなく、山東省全体に
SDTV子供チャンネルを通して流すといい、無論、日中合作をタイトルに、
作者や双方の協力者を明記して、今後に繋げると胸を張る。
政府直轄の新聞網の記者としての特権があるのかは、推測の域を出ないが、
2011年のテレビ放映に向かって、今回の訪中が、
大きく前進したのは、新聞記者の立場として製作過程についてメモる、
譚文宝主席記者の真摯な対応からも読み取れた。帰国後、
三浦正宏氏(Mエンタープライズ)には進捗状況を伝え、来年以降の
訪中に関するスケジュールを調整する予定である。また、
合展動画とのギャランティその他に関しては、アニメが完成し、
放送日程が発表になったところで、話したいと考えているが、日中友好を軸に、
ボランティア活動の一環として捉えており、放送後の、
キャラクタ製品等の関連商材開発に関しては、別途契約となっている。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑