Today's Kenzo

Published on 11月 21st, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会12月定例会、会派別政調会始まる

今夜は月一親睦会の一つ「佐口会」(佐口静男会長)が、咲見町の
ラーメンハウスYa~Ya~屋において開催された。今夜は、
貞方邦介氏(アルカサバ社長)がオーナーホテルの、
熱海リラックスリゾートホテルの斉藤支配人が元気な顔を見せた。
元気な、と言ったのも、斉藤支配人が交通事故で入院して以来だから、
かれこれ約半年ぶりでお目にかかったわけで、先月は、
訪中で親睦会は欠席していたので、先ずはおめでとう、と、祝福する。
斉藤支配人と太田氏
佐口会長と望月氏
平石啓三郎氏
喜地、花村、土沢各氏(手前から)
鈴木、福田の両氏
荒川、矢野の各氏
今夜のテーマは、政権交代による景気回復に付いてだった。
先の衆院選では佐口会が一つに纏まっての、渡辺周氏支持であり、
総務副大臣に就任した渡辺氏への期待は高く、当面はジッと見守っていくとの、
親睦会一致の見解だが、マスコミが騒ぐ鳩山政権2番底と昨日発表された、
菅氏のデフレ宣言による、熱海温泉への更なる景気悪化への危機感が
メンバー各氏から感じ取れた。確かに、昨日の政調会でも当局に対して、
政権交代による公共事業の凍結や削減による市内経済への影響や
基幹産業を取り巻く劣悪な財政事情も踏まえ、質したものの、
来年度の予算編成では税収不足による事業圧縮と膨らむ人件費等を前に、
苦しい財政運営を強いられ、景気好転への策も見えてこないことから、
サンビーチや市営駐車場等の公共用地の市民への解放と活用に付いて、
2〜3プランを披露した。ただ、イエスともノートも返事は返ってこなかったが、
桜井副市長
前列から、高田、植野、萩原、出野の各職員
小生が水面下で商品化をすすめてきた、携帯動画サイトの展開や、
佐口静男氏(佐口農園)が推進する、
熱海産ニンニク栽培と生ゴミの有機肥料化については、関心を持って耳を傾けて頂いた。と、
佐口会のメンバーに説明する。この他、箱根湯本「天成園」のオープン等、
今夜の親睦会は何時もより解散時間が大幅に延長することとなった。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑