Today's Kenzo

Published on 11月 22nd, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海グランプリ歌謡祭、大盛況!

今年で5回目を迎えた、2009熱海グランプリ歌謡祭は、
今朝9時30分、熱海市観光会館ホールにて幕を開けた。主催は、
A.M.Sエンターティメント・新日本歌謡連盟・グランプリ歌謡祭事務局が、
後援は、クラウン歌謡学院・歌の手帳・AVCアートビジュアルセンター
熱海新聞・伊豆毎日新聞・伊豆急ケーブルテレビ・FM熱海・湯河原の各社。
ゲスト歌手には、山内惠介(ビクター)、横浜一郎(キング)、
携帯ビデオに登場している歌手、西山ひとみ(ホリディジャパン)、
美月優(徳間ジャパン)、石黒ひろし(クラウン)、
雨都かりんさん等が駆けつけた。グランプリ歌謡祭の進行は、
開演と同時に各地区9人の代表者による発表が行われ,その後、
来賓の挨拶やゲストの歌手の皆さんを間にはさみ、
一般の部出場者が113名、発表の部7名、グランプリの部31名が登場して、
熱唱が繰り広げられ、?。て、いる。というのも、
つい先ほど(午後8時過ぎ)、観光会館下を通ったら、未だ
カラオケの音が漏れ聞こえており、耐久力が勝負の歌謡祭となったようだ。
会場舞台風景
橋本議員と中野大会プロデューサー
橋本議員と
会場風景
今年は、昨年の3倍以上にホールが膨れ上がった。原因は、
出場者の多さも然ることながら、演歌不振が伝えられる中、
今人気急上昇だと、中野大会プロデューサーが太鼓判を押す、ゲスト出演の
山内惠介さんの追っかけファンも大勢、熱海入りしたことも大きいようだ。
また、中野大会プロデューサーは毎回、
県外からの出場者を募り、熱海温泉一泊を兼ねた歌謡祭振興に力を注いでおり、
今年も静岡県内はもとより神奈川、東京、千葉、埼玉、愛知と
広範囲にわたる代表選手を募り、熱海温泉活性化の一端を担っている。
昨年同様、橋本議員と小生が来賓として招待されたことに感謝し、
来年以降も継続できるよう、何らかの形で支援させて頂きたいものですと、
橋本議員共々舞台の上から口を揃えて挨拶する。今日の歌謡祭を観て益々、
箱根湯本「天成園」の営業戦略に揺るぎのない方向性を感じた。

また、今夜は月一親睦会の親族の通夜に参列し、
雨宮来宮神社宮司のご母堂の訃報も飛び込んでいる。その合間で、
済州島ツアーでお世話になった、都築基ご夫妻が熱海入りし、
ブラッスリー医源(安井洋オーナー)にてお付き合いできるなど、今日も、
充実した一日を送れたことに感謝しつつ、事務所にてPCのキーボードを叩いている。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑