Today's Kenzo

Published on 11月 24th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

来宮神社奉賛会、伊勢神宮参拝の旅

今、三重県志摩市賢島のホテル、賢島宝生苑の
フロント脇にある無線LANのソバで、
持ち込みパソコンのキーボードを叩いている。部屋の
ネット環境が不備ということもあり、今日のブログは簡単に仕上げ、
明日朝、伊勢神宮を正式参拝した後、一泊2日間の旅日記は
自宅の戻ってから整理して掲載したい。何せ、今年は、
「来宮神社」雨宮治興宮司のご母堂が、一昨日、
96歳の天寿を全うされたばかりで、やむなく、
伊勢神宮参拝を断念するという事態となったのである。
カリスマ宮司のいないまま、早朝にバスは出発したのだが、
車内は40人以上に膨らみ、懸念した宮司の抜けた穴は、
奉賛会員の暗黙の了解のもと、何時のと変わらない旅となった。また、
今回も参拝に同行した、熱海市内の大手水産会社Hの社長夫人にズバリ、
中国(山東省日照市)から研修生が勤めているかを聞くと、
ーなんで知っているのーと、怪訝そうな顔で首を傾げたので、
これこれ、こういう訳で、日照市の人材派遣会社から、
紹介されていたいとことを告げると、世間は狭いのね、と、
その場で、当該者のカンさん(女性)の携帯に電話を入れ、
小生を紹介し、来る29日に連絡し合う事を約束する。
道中、昼食と伊勢神宮記念館に立寄った他は、
何度かサービスエリアにトイレ休憩があり、賢島へは
午後5時少しすぎに到着した。ひと風呂浴びて宴会場にて、夕食を兼ねた、
挨拶する平石啓三郎氏
土沢昇氏
恒例の前夜祭となり、午後8時30分まで和気あいあいと続き、
雨宮治興宮司不参加の沈んだ空気も、酒量の勢いで
一気に消し飛んでいった、ように見えたのだが・・・・・。やはり、寂しい。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑