Today's Kenzo

Published on 11月 25th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

伊勢神宮参拝、新宇治橋から内宮へ

熱海「来宮神社」(雨宮治興宮司)は静岡神社庁田方支部に所属し、
この時期、他の各支部と供に奉賛会員を募り、
伊勢神宮正式参拝を恒例行事として、今年で55回目となる。今年は、
内宮の入り口、五十鈴川の清流にかかる
高欄つきの和橋、宇治橋が、4年後に迫った、
御遷宮に先立って完成した。皇大神宮の玄関にあたり、俗界から
聖界への架け橋として尊ばれる宇治橋は、
全国的にも稀な、全長100mを超える純木造橋として知られている。
来宮神社奉賛会員

宇治橋大鳥居
おかげ横丁、パフォーマンス干物屋
資料によれば、橋は参拝者の交通手段であることから、
かつては弐年遷宮とは関わりなく、大水や流出や老朽により、
修繕や造りかえがされてきたが、明治23年の
第56回以来、遷宮行事に組み入れられたとあった。また、
橋の内側の大鳥居は内宮古殿の棟持柱を、外側は
外宮古殿の棟持柱をつかい、遷宮後に建て替えられるようだ。
弐年遷宮と同じく20年に一度新しくされるまで、
約1億人を越す参拝者が、大神様のもとへと、
橋を渡ったとも記され、今年はそういう意味においても是非、
参拝したかったのである。小生の後援会長である、
平石啓三郎氏(関東警備保障社長)やパソコン119番の土沢昇氏を始め
40人以上が参加したのは既報の通り。
内宮外宮を参拝したあと、内宮前のおかげ横丁にて、
お土産屋さんを散策し、神宮会館にて直会を済ませ、
伊勢湾フェリー経由で沼津インターに下り、うなぎ専門店「ぼんどーる」にて、
夕食休憩に立ち寄り、熱海来宮駅前に到着したのは、
午後9時少し前だった。高齢者の方も多かったが幸いにも、
誰一人として体調を崩したという人が現れず、
雨宮治興宮司不参加という突然の事態だったが、幸いにも、
青木、若林の奉賛会責任役員や来宮神社職員さんのフォローもあって、
無事に参拝旅行を終了出来たことで、参加者全員が心の中に、
来年に向けて弾みがついたような、明るい笑顔で帰宅した。明日は、
来宮神社にて雨宮宮司ご母堂の出棺、告別式に参列する予定となっている。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑