維坊市 石森史朗氏(脚本家)、来年訪中も。 | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 10月 16th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

石森史朗氏(脚本家)、来年訪中も。

4泊5日の予定で初来日した、中国山東省維坊市の、
趙岳氏(山東新聞網、維坊合展アニメ社長)と騰可勝氏(杭州アニメ社長)は、
今朝午前9時30分のJALで離日した。今回は、
東京、横浜、そして、熱海市を訪問し、多くの情報を収集して帰国の途についた。
彼らの目的の一つに、日本のアニメ業界にコネクションを持ちたいとの願望が強く、
下請け業務委託への可能性だけでなく、
オリジナルアニメ制作に向けて、キャラクター作りから創作したいとの狙いもあった。幸い、
小生には、石森史朗氏という、業界を代表する脚本家との深い親交がある。今回、
東京ムービー(トムス・エンタテインメント)への表敬訪問も、そうした繋がりから実現し、
石森氏は、これまで宇宙戦艦ヤマトを含め多くのアニメの脚本も手がけており、
彼らとの必然的な接点についてもこれまでに説明しており、お互いの顔も、
ブログを通して交歓しており、帝国ホテルでの初対面もスムースに運んだようである。また、
石森史朗氏と(トムスにて)
藤氏と趙氏(熱海にて)
中国山東省維坊市は野菜の産地として有名で、
日本を始め海外への輸出が盛んであり、先ず、創作アニメのキャラも
まちの特色を生かしたものからスタートするのがベターだと、
前回訪中の際に
ヒントを与えていたが、
トムス・エンタテインメントの制作本部応接室に飾られた、代表作、
アンパンマンのPRポスターや関係グッズ等の土産を手に、益々、
その意を強くしたようで、石森氏の訪中を熱望した。ただ、26日からの訪中には、
スケジュール調整が困難という事で、来年3月以降を目途に考えたいとの意向を示した。
その石森氏だが、現在は来年公演予定の三越劇場での芝居を一本と、12月3日〜6日、
文化シャッターBXホールにて公演予定の、
磯村みどり師走定期公演「風のささやき・水の詩」”あなたの笑顔”の脚本を執筆し、
その他、漫画オードリーヘップバーン物語全10巻を出稿、
出版社Kから2本の小説依頼等、てんてこ舞いだが、充実した毎日を送っているようだ。
今後の中国アニメの展開については、その都度ご案内開いて行きたい。さて、
北海道釧路からの親友の定期来熱に、今日を入れて3日間のお付き合いは、
小林常男氏、鈴木三郎氏の協力のもと、2日間、
西熱海ゴルフ場にてゴルフ三昧となったが、お二人には、笑いとリハビリを兼ねた
親睦ゴルフのスコアとスイング写真を公開して感謝の気持ちに代えさせて頂く。
伊木茂樹歓迎ゴルフ新メンバー
小林常男氏
鈴木三郎氏
伊木茂樹氏
10月15日 (イン〜アウト)
小林常男氏 46−43=89 伊木茂樹氏 50−40=90
鈴木三郎氏 45−56=101 村山憲三    46−47=93
10月16日 (アウト〜イン)の
小林常男氏 52-46=98  伊木茂樹氏   43−53=96
鈴木三郎氏    52−48=90   村山憲三        55-48=103 でしたが、
オリンピック(ワンパットゲーム)では、トータルで、
村山、小林、鈴木、伊木の順でした。で、今日はゲームを終え、伊木氏を
熱海駅まで送り、その足で熱海マリーナを訪問して、26日からの訪中を控え、
当日の、熱海駅から成田空港までの時間とチケット購入について、打ち合わせる。


Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑