Today's Kenzo

Published on 7月 14th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

霊峰富士に手を合わす

今夜は「TBS」のK−1が終了するまで場面に釘付けとなった。愛鳥る〜の寝支度と、
ブログアップをするため事務所に下りたのだが、ガチンコファイトの興奮未だ覚めやらないまま、
今日から実験開始した携帯動画を使った2度目の投稿に
”愛鳥る〜”を被写体としてアップして自宅に戻る。今日は「愛犬ふ~」と朝の散歩の後、
トップページ表紙の変更や携帯f動画を簡単にブログアップする方法や、
全体的な使い勝手についてなど、PCを前に徹底的に教え込まれた。

モバイル動画をどのように利用できるのかは、今後の課題となるが、
ニュース性のある場面や出来事なら1〜2分でブログアップがイージーとなるのだが、
音量の問題など改善するところはまだまだ多いのだが、
利用価値を高めていけるようにスキルアップする楽しみがまた一つ増えた。

さて、今日は午後からマリーナに出向き、制作したHPの修正をしている間、
助手席に乗せてきた「愛犬ふ〜」とマリーナから「小山公園」を一周して午後の散歩とする。
今日のスイーツは、
江戸のどら焼きと間瀬の水羊羹をカロリーオーバーと知りつつたいらげてしまった。
明日も、平石啓三郎氏(関東警備保障社長)と訪問する予定であり、写真は撮らずに事務所に戻り、
携帯動画をブログに貼付けるテストを重ねた後、熱海駅まで送り届ける。

また、訪中したメンバーの一人、塩野靖氏(スカイパートナー)から、
「国際観光専門学校」本校でウイハン市からの留学生受け入れについてや
来月24日から予定している、高野校長と田崎留学生部長を伴った訪中の日程等細部に付いて
打ち合わせをする為に日程を確保しており、上京願いたいとの電話が入る。
17〜18日でどうかと電話を切ったのだが、夕方近くになり、
麻生総理大臣が来週、衆議院解散を表明し、8月30日の投票日となれば応援候補の都合で、
訪中の日程が微妙とならないか、気になる問題も浮上してきた。

では、前回訪中した際「藩建寧」氏が綴ったレポートの最終回を掲載する。

//////   5月31日   藩建寧  //////

中国国産の新幹線「和諧号」で青島に移動
午後2時青島最大のラジオメディア会社、テレビでも三番目の青島同歩集団を訪問。
社長の林さんとメディア、広告、放送などについて、意見を交流しました
。最後はプレゼントの交換と記念写真で、笑顔で別れました。

感想:

今回中国山東省の濰坊をメインに訪問しました。
空港までの出迎いと最後の見送り、そして、接待などから見ると、趙さんと王校長、そして
濰坊政府は最大の誠意を持って話進めて行きたいと感じました。特に、
濰坊合展アニメ制作有限会社の趙社長です。本当に会社のため、濰坊のため、

Mエンタープライズ社と村山先生とビジネスパートナー関係になりたいし、
その結果も本人がすごく期待している。趙さんは、
政府の全力の支持を得ているけれども、それなりにプレッシャーもある。
近いうちに効果あるいは着実に進まなかったら、張さんは
地方政府の信用を失う可能性もある。しかし、
中国と日本の友好なビジネス関係を築くのと維持するのは簡単なことではないと思います。

言葉の壁はもちろんなこと、文化習慣礼儀などの問題もある。
今回は話し合いの段階だったですが、日本側は次回、着実に進まないと、
地方政府や企業などの信用も薄くなると思います。

最後、中国は「礼尚往来」の国、
礼を受ければ礼を返さねばならないという考え方が非常に強いから、日本側は一回、
王校長と趙さんと政府の担当者に招待状出したほうがいいと思います。

6月4日  潘 建寧

上記のレポートの後、今回の訪中となったが、
藩氏の目には我々の行動がどのように映ったのか、近々届く新レポートが待ち遠しいものである。
神々しき霊峰富士
翼よあれが霊峰富士だ
関空を過ぎた上空か

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑