Today's Kenzo

Published on 5月 26th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海駅前で早朝火災発生!。緊張感漂う

今朝は、火災を告げるサイレンの音で目が覚める。

枕元の時計の針は午前5時40分を指し、町内に設置してあるスピーカー(広報あたみ)を通して、
消防本部から出火元である、熱海駅前にあるランドリーの名前が連呼された。

小生のビルからもさほど遠い距離ではなかったが、
野次馬として火災現場に行っても、消火活動の妨げとなるので、寝間着のまま、
テレビを見ながら鎮火のサイレンを待っていたら、

午前6時15分、鎮火を知らせる”広報”が流れる。

午前11時過ぎ、役所の議員控室に入り、熱海市消防長にお越し頂き、
「災害即時報告書」を確認させて貰う。報告書によれば、

火元は「Tランドリービル」3階洋間からで、出火原因については、
現在調査中ということだが、通報第一報は、
ーTランドリーが火事です。火は見えないが煙は見えますーとあり、
罹災者は5人で、内、顔面打撲などの軽傷者が3人でていた。

その他の参考事項には、洋間の北側の戸棚付近から爆発するよな感じの音がし、
戸棚の所を見ると煙が出ていたとの、罹災者からの証言が記載されていた。

熱海市駅前田原町の火災現場

火災発生時、原因不明の爆発音が?

熱海市消防本部幹部職員

熱海市消防本部幹部職員

いずれにしても大きな災害には至らず、地元消防団を始めとする、
消火活動が功を奏したようだと、山田消防長は胸を撫で下ろしていた。
さて、熱海温泉の火災について、ここ5年間の統計を見て見ると、
★ 平成16年 建物  5件  タバコ 5   扇風機の加熱1_
車輌  3件  焚き火 2  オイルの漏洩1
その他  6件 放火 1  配線にスプレー缶が接触1
1位タバコ 2位焚き火 2位放火の疑い 4位電気配線等
計 14件   放火の疑い2 電気配線1
★ 平成17年 建物 11件  タバコ3   コンロ3    放火自殺1
車輌 1件   焚き火2   燃料の漏洩1 電気コンロ1
その他 6件 放火1   電気配線2
1位タバコ  2位放火の疑い 3位放火1 電気配線2
計 18件  1位コンロ  放火の疑い 3位 溶断の火花1 4位電気配線
★ 平成18年   建物10件   タバコ3   コンロ2   放火4
車両  0件     コンプレッサーの加熱1
その他 2件    電気配線1 ハロゲンヒーター1
1位放火    2位タバコ  3位コンロ   4位電気配線等     計 12件
★ 平成19年      建物  5件    タバコ2   殺虫剤缶1 冷暖房の加熱11
車輌 1件       焚き火1-   放火の疑い1 裸電球1
その他 5件    放火2   電気配線2        計 11件
1位タバコ  1位放火 1位 電気配線 4位放火の疑い
★平成20年   建物  8件 タバコ2 かまどの薪放置1コンロ1
車輌  2件 不明1 バッテリ一一の加熱1
その他1件 電気ストーブによる着衣着火1  電気配線4  計 11件
1位電気配線 2位タバコ  3位コンロ  3位バッテリー加熱
午後からは、本年度「来宮神社」御鳳輦奉仕の 来宮祥神会 役員さんが
夏祭りに参加する総代等を加えた、奉仕会メンバーを番付表として持参した。

熱海市民の、貞方邦介氏(アルカサバ社長)も参与に名前を連ねており、
来宮祥神会 の一員として奉仕会に参加するようだ。

小生の事務所、なりは小さいが信号機の前にあり、
こういう縁起もののPRには絶好のポジション。喜んで貼らさせて貰う。

土沢登氏と富士田正司氏

土沢登氏と富士田正司氏

さて、塩野靖氏(旅行代理店スカイパートナー社長)から、28日からの
訪中(山東省濰坊市&青島市)視察の日程が送られてきた。
塩野靖スカイパートナー社長

塩野靖スカイパートナー社長

5月28日(木)
濰坊市政府 訪問 濰坊市開発区の企業 訪問
宿泊:濰坊市ホテル

5月29日(金)

濰坊市 開発区 訪問 アニメ会社、山東新聞網 訪問
宿泊:濰坊市ホテル
5月30日(土)
山東科技職業学院 訪問(留学生の件) 対外経済貿易学校訪問(留学生の件)
濰坊市老年ホーム 訪問 タオル会社 貿易部長と打合せ
宿泊:濰坊市ホテル

5月31日(日)
AM8:00 車or電車にて青島へ移動 貿易会社 訪問
青島 メディア関係 訪問
宿泊:青島ホテル

6月01日(月)

午前中 青島テレビ局訪問 AM11:30青島空港向け 出発
NH928便 青島13:40発⇒成田17:35着
メンバーは、三浦正浩氏(Mエンタープライズ社長)、
塩野靖氏(スカイパートナー社長)と、
小生の他に日本から中国人通訳”藩氏”が随行する。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑