Today's Kenzo no image

Published on 4月 17th, 2009 | by 七転八起 - 村山憲三 Official Site

0

熱海「梅園」、再来年の”有料化”への布石

今日の午後2時から、熱海市議会の、
「観光福祉員会」(橋本一実委員長)が開催された。

議題は、所管担当新任職員の紹介と、
”梅園管理棟建設”についてだった。

要は、平成23年度をめどに、
行財政改革に基づいた”熱海梅園”の有料化に向けた、

「管理棟建設」に、

国庫補助金(66,000千円・補助率:半分)が決まり、
補助関連工事として、単独事業費(1,000千円)を認めて、というもの。

s-DSC058670.jpg
s-DSC058782.jpg
s-DSC058703.jpg
当局から用意された資料には、

今年中(7月)に着工して、12月下旬までに完成させたいとして、管理棟は、

和風をイメージしたもので、建築面積は109㎡、床面積82㎡。
内部にはトイレや物置、

”キップ売り場”、

改札所には、5通路程度の改札所が併設されていた。

s-DSC024780.jpg
キップ売り場とあるからには、有料化を前提としての、
整備事業であることは間違いなく、

上記図面にもあるように、

正面入り口広場には、車寄せ、広場中央には”紅白梅”を左右に配した、
モニュメントを配している。

当局側の説明の後、小生は、

この事業については、
行財政改革プランに沿っているとは言え、

3月議会終了後の委員会召集に、
当局の意図的な思惑が見え隠れしていることから、

市民の中でも有料化には賛否両論あり、

ー梅園の有料化を前提にしているのかーと、ズバリ確信を突く。

説明に立った新任の沢田観光施設課長や
桜井副市長の口からは、当初、歯切れの悪い返答が返ってきたが、

他の委員からも同様の質問を受け、
ハッキリと有料化へ移行したいと。との本音を吐いた。

小生の支持者の中にも、梅園有料化を強固に反対する、
利害関係者である周辺住民もいるが、

熱海市を含めた観光団体も、
年間60万人の観梅入園者を誇示するものの、

実質、期間限定の、
観光バスルートとして”点”としての利用度が突出しており、

熱海市内にある観光施設とは”断線”状態であり、従って、
観梅者の大多数を占める観光バス客の、

市内経済への波及効果は”ゼロ”に近い状態が続いている。

インフォメーション設置などから、
その点についても質したのは言うまでもない。

熱海梅園は独自の文化的経緯や、
梅の種類や内容についても、他の施設に見劣りすることはなく、

市民負担の軽減や、
篤志家「大塚実」氏の大規模な支援を活かす為にも、

梅園の通年開園と有料化は避けられない。

また、その他では、

定額給付金の受け付け状況について、
4月6日から15日現在で、

住民登録世帯数21,417(40,756人)、支給額6億44,128千円
外国人登録世帯数314(314人)、支給額4,280千円のうち、
66%の受付率と説明があり、

振込手数料や振り込め詐欺の対応等の質問があった。

ここでも小生、ふるさと納税に引っ掛け、

支払い拒否率を質したが、
国会で賛否が問われた当時とは打って変わって、

定額給付金の辞退件数は
現在のところカウントされていないようである。

さて、プライベートな話だが、

先ほど「熱海マリーナ」の小林社長からの電話によれば、

明日午後5時に予定されていた、
作曲家「叶弦大」氏との食事会は、レストランの都合で、
”30分”早くなったが都合はどうか、という内容だった。

Tags: ,




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑