Today's Kenzo no image

Published on 4月 5th, 2009 | by ken@jyohou.com

2

児童文学者「故佐藤真佐美」は小生の従兄弟

ついに発射された北朝鮮の”ロケット”だが、
報道を伝えるテレビのテロップには、、
”飛翔体”と呼称されていたことから、人工衛星の類であり、
幸い日本領域には落下物はなかったようで、先ずは一安心。
で、今朝は10時より、
「丹那神社」奉賛会による、
本年度の例大祭が斉行された。
一昨日「丹那トンネル」感謝祭と
慰霊式が行われたばかりだが、この丹那神社、
大正10年4月1日の崩落事故で犠牲となった、
16人を祀る神社として創建され、その後の殉職者を順次合祀、
祭事は、市内9町内を柱とした実行委員会が運営し、
毎年、市議会を始め多くの関係者が参加している。
ただ、小生は先約のため欠席したが、
「愛犬ふ~」と山の手を散歩捨ている途中、
神事に向かう、高橋幸男副議長とバッタリ。これこれこういう事情でと、
出席できない理由を説明する。
来客との打ち合わせを午前中に済まし、
午後1時より、”熱海KKRホテル”にて、
”熱海梅園環境再生”に億単位の資金を提供した、
「大塚実」大塚商会相談役会長への感謝の会に出席する。
主催は「熱海市民の会」(山田芳和会長)で、
大塚氏の口から、熱海再生への想いに胸を打たれ聞き入る。
詳しいことは週明けにでも報告するが、
s-DSC02244.jpg
s-DSC02247.jpg
挨拶が一通り終了したところで中座する。
また、これから夕方の5時30分には
「小田原駅」西口にて、
ここ2ヶ月連続して「日本ジャンボーゴルフコンペ」で回り、
”相性”の良さを確認しあった、
石森公夫、田内逸生両氏と会う予定となっているので、
「愛犬ふ~」との午後の散歩を早めに切り上げ、ブログアップする。
     (先月22日石森氏とにらやまカントリーにて)
s-DSC02029.jpg
さて、一日遅れとなったが、小生の従兄弟で、
先月24日、山梨県内の病院で肝臓がんのため69歳で逝去した、
児童文学者「故佐藤真佐美」氏を、
       (山梨日日新聞3月25日号より転写)
s-DSC022400.jpg
数少ない親族への哀悼の意を込め紹介させて頂く。
故佐藤氏は、小生の親父の兄貴の長男として、
1939年3月29日、北海道斜里郡清里町で生まれた。
(左より33年前の親父(故佐藤茂)と実弟明と旧サードマン(現中央町千夜)にて)
s-200943001.jpg
酪農学園野幌農業高校から、札幌短大、
玉川学園大学文学部を卒業して、
1971年から一年間アメリカ遊学して、
1973年に「マンガの世界」で北川千代賞佳作、その後、
酪農大学と玉川学園大学の図書館司書を勤め、
1974年に山梨県市川大門町に移住する。
・山梨県スポーツ奨励賞
・山梨県文化功労賞奨励賞の他、著作として、
・「これはしつれい大せんぱい」
・「ジョンガラの歌がきこえる」
・「ぼくらは地底王国探検隊」
・「ぼくらは知床岬探検隊」
・「ひよいこのかいかたしっている?」
・ゆりこと宇宙人ビリビルの冒険」
・「甲斐むかし話の世界」
・「山梨学院大学箱根駅伝物語」他、山梨日日新聞によれば、
山梨学院短大、山梨英和短大講師などを歴任、
県内の児童文学勉強会、子ども文学探検隊で講師を務めるなど、
創作活動の底辺拡大に尽力した、とあり、
やまなし県民文化祭文学部門専門委員・審査員の他、
市川大門、市川三郷町議も努めた。
酪農大学図書館司書時代、
江別市野幌に住んでいたアパートに、高校1年の夏休みの期間中、
長逗留して迷惑をかけたことや、
山梨に移住して直ぐ、
熱海に訪ねてきた思い出が残っている。
町議となったのは知らされていたが、
児童文学者としての肩書きについては最後まで知らないでいた。
電話では節目節目に連絡が入ったが、
故人が町議となってからは疎遠となっていた。7歳違いの努力の人、
故「佐藤真佐美」氏の冥福を祈ります。

Tags: , ,


About the Author



2 Responses to 児童文学者「故佐藤真佐美」は小生の従兄弟

  1. 横岩良太 says:

     はじめてコメントさせて頂きます。
     今日ふと思い出し、佐藤真佐美さんの作品「ぼくらは地底王国探検隊」を検索するうちにこちらのブログへ辿り着きました。この本は私の記憶にある、一番最初に読んだ小説です。それまでは御伽噺や何かの、いかにも子供のために書かれた簡単な本しか読んだことがありませんでした。これも児童文学とはいえ、しっかりした小説だったと思います。まだ小さかった私は「ぼくらは地底王国探検隊」を読み、読書という行為のあまりの面白さと強烈さにすっかりやられ、その後たくさんの本を読みふけるようになりました。子供の頃に一度読んだだけで、どなたが書かれたのか知りませんでしたが、先ほど検索した結果、佐藤真佐美さんが書かれたこと、他にも著作物があることを知り。さらにこのブログで今年亡くなられたことを知りました。遅まきながら私も冥福をお祈りします。そして図書館へ行って、二十数年ぶりに「ぼくらは地底王国探検隊」を読んでみようと思います。
     それでは、失礼致します。

  2. 江藤初生 says:

    はじめまして。佐藤真佐美さんのご生前、児童文学、火山洞窟学会で大変お世話になった者でございます。このたび、両会の機関誌に、佐藤さんの追悼文を書くにあたりまして、サイト名を記入のうえ、横岩さんのコメントの使用をお許しいただきたく、お願い申し上げる次第でございます。

     わたくしも、ささやかながら児童向けの本を出しております。20数年も経たのち、こんな素敵なコメントをいただいたらどんなに嬉しいとことでしょう。『中部児童文学』の追悼文には「作家冥利」というタイトルをつけさせていただきました。このコメントを、作者・佐藤真佐美さんに読んでいただけなかったことが、まことに、残念でなりません。後に続く者として、子どもの心に残るものを書いていけたらと願うばかりです。

    青木が原の洞窟探検には、市川大門のお家に泊めていただき、ご一緒させていただいたものです。懐かしい思い出になってしまいました。佐藤真佐美さんのご冥福を心よりお祈りしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑