Today's Kenzo no image

Published on 3月 8th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海マラソンに、3300人参加の大盛況

今朝の「東京新聞」(静岡版)によれば、
今年の「湯らっくすマラソン」への参加人員が”3335人”と、
10年ぶりで三千の大台を突破したようだ。
初心者や親子連れが増加するなど、
関係者による事前の誘致運動が功を奏し、
参加者のうち約3割が宿泊施設に泊まったことで、
市内への経済波及効果は
”5000万円”を下らない。と分析している。
ただ、この熱海のマラソンだが、
新聞にも記載されていたように、斎藤市政誕生時の、
「熱海市行財政プラン」では、廃止の方向で検討されていたが、
大きな変わりように嬉しい限りである。
廃止案が出た際には、当然、
おっと、まった。と、異議を挟んでいる。
考えても見てくれである。
20年以上も続いてきたイベントであり、
メタボ検診など健康志向が年々高まっているのだ。
参加人員が減ったからと、何ら手を打たずに廃止するのは愚の骨頂である。
マンネリを打破するような工夫をすればいい。と、継続を唱えてきただけに、
ただ喜ぶだけでなく、今定例会での再質問や、
関連事項のヒントにならないか、記事をファイル化する。
s-DSC01916.jpg
また、同じく「東京新聞」7日付静岡版では、
熱海市の温泉事業について、検討委員会がまとめた報告書から、
経営課健全化計画には、
(前市政)による、
無計画な供給地拡大や25年以上もの料金据え置きが、
赤字増大の原因だとして、独立採算制を堅持しながらも、
経営民営化が望ましい。とする内容を掲載していたが、
これも、口はばったいようだが、
委員会や本会議で提案してきた経緯がある。ただ、この記事からは、
これまであまり見えてこなかった、
斉藤市長の、
財政健全化策に対する”本気度”が
見えてきたと言っては、褒めすぎだろうか。期待しすぎて、
土俵際でウッチャリを食わないよう、慎重に見据えていきたいものだ。
ま、何にしても、市税の落ち込みが激しく、
一般会計予算が僅か”168億円”の規模となり、投資的経費も、
”7,8%”と縮小されたのでは、
熱海市民へのサービスの低下は避けられず、
我々17人の熱海市議会議員にとっては、
文字通りの”血税使途”のチェックを課せられている”3月定例会”だが、
どこの会派の同僚議員が、どのような質疑内容をもって、
税金の無駄に迫るのか。戦いの時は近づいている。
明日は、議会運営委員会が開催され、議題は、
民主党市民クラブが新聞発表して、再度市民にアピールした、
”議員定数8%”削減についての発議案が焦点となる。
当然、オブザーバーながら、
議員歳費削減案を提言し、一人会派の意地を見せる予定である。
また、当局に提出した「通告書」の内容については、
明日の議会運営委員会での報告と合わせて掲載したい。
さて、今晩もまた外食となる。
月一親睦会の一つ「安井会」が、
イタリアンレストラン「門」(渚町)にて開催されるので、早めのブログアップとした。
食べ物関連でもう一つ、
”熱函道路”沿いにある蕎麦屋を紹介したい。
蕎麦と言えば、熱海にも旨い店は多いが、
友人に紹介されて昨日、
ラーメン屋のスタッフ3人と同行した蕎麦屋さんの名前は、

「そばde十割」
さん。
s-DSC01879.jpg
s-DSC01880.jpg
自販機メニューで選んだのが、3人とも、
田舎そばのあったかいのとミニ天丼のセット。
普段小食の75歳のスタッフが完食したことで、
味に対する評価としたい。(写真上)

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑