Today's Kenzo no image

Published on 1月 19th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

日本人観光客が誰も知らない釜山の隠れた”食”を楽しむ

釜山から関空経由で大阪に立ち寄り、
タックワールドの斎藤氏に依頼されていた案件説明や、
ホープページの推敲等の打ち合わせしたあと、
午後4時40分発(新大阪駅)のひかりに乗車して、
午後7時ジャストに熱海駅に到着する。
自宅では明日朝出発予定の
「観光福祉委員会」行政視察に必要な書類を点検をし、
旅行バックの詰め替え作業をしてから、
運動量が足りずに、
フラストレーションが溜まっているであろう、
「愛犬ふ~」を起こして、
星空が広がる、熱海観光港芝生広場を一周しながら、
釜山港の周辺を歩いて感じた、
引っ張り込まれそうになる、
旺盛な活力を放つ海の匂いとは別の、
淡白で清々しい潮の香りを、
何日ぶりかで腹の中まで吸い込み、愛犬との連帯感を共有する。
明日からの「観光福祉委員会」行政視察は、
これまで小生が、議会活動を通じて主張してきた、
今後の観光行政のテーマとなっている、インバウンドと”ごみ問題”について、
大分県別府市と福岡県福岡市を訪問し、
・別府市ONSENツーリズムプロジェクト。
・立命館アジア太平洋大学開校後の市内経済等の状況。
留学生への支援、留学生と地域との交流
開校後の市内経済への波及効果等について、
・環境のまち・ふくおか基本計画
・ゴミ有料化あmでの検討の経過及び市民の周知と
 有料化によるごみの減量効果について、先行している自治体から学び、
熱海市の再生や市民サービスの向上を図ろうとするもので、
これまで、訪問してきた、
韓国と中国で研修し人脈を広げてきた、
留学生の受け入れを含めた
東アジア件からの外国人観光客誘致計画と
”生ゴミ削減”を目的とした処理機”に関して先駆けてきた経験と知識が
どう生かすべきか、先行している自治体の意見を吸収できれば幸いだ。
さて、小生、
釜山を数多く訪問しているが行動範囲は限られている。
韓国というと、仲間からは邪推の対象となるが、
残念ながらというか、目的が上記の通りであり、
最近ではホテルは東横インを基点として、
チンジュ市にあるサンモウ薬品に往復8時間かけて行くか、
ヤン社長に釜山まで来て頂くかして打ち合わせるほかは、
国際市場周辺を散歩したり、
ACE治療院で体の手入れをするか、
食事は、ガイドのキム・ヨンチョル氏の案内に従って
地元民しか行かないような、一品食堂を食べ歩いている。
昨日は、ACE治療院から依頼のあった、
オムロンの治療器を日本から届け、
(BANG MA JUNG院長左とスタッフ)
s-DSC00666.jpg
火災現場となった南浦洞(ナンポドン)エリアにある、
中華料理店「四海坊」を見ようと、
光復路のフッションストリートにある、
”ペ・ヨンジュン”が冠の化粧品店前で、
自称似ている(肌の色が)と話していた
松本哲治氏と”ペ”氏の看板を並べて写し、全く似ていないことを確認して、
s-DSC00668.jpg
火災のあった現場周辺にデジカメに収める。
s-DSC00670.jpg
s-DSC00673.jpg
昼食は、ヨンチョル氏の案内で、
「国際市場」内の木造2階部分に店舗を構える、
”スゼビ料理”専門店「ハプション」で、
イリコダシのスープに焼き飯おにぎりと海苔巻きセットを、
s-DSC00675.jpg
夕食は、”スユクー料理店”(茹で豚スープと茹で豚のぶつ切り)に案内される。
いずれの料理も基本は豚で、
ビビン(混ぜる)、クッスウと付け出しがついて、
一人前日本円で4~500円の安さで、千客万来の繁盛店だった。
s-DSC006820.jpg
小生をはじめ、辛味に嵌る日本人が急増していると、
何かのニュースで読んだが、
昨日食べ歩いた2店は、
レシピを知っているヨンチョル氏の指導があれば、
”豚”がベースということもあり、
小生のラーメンハウスでも一品料理として売り出せそうだが、
そうは”トンヤ”が卸すかどうか。

Tags: , , , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑