Today's Kenzo no image

Published on 10月 4th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

「唐十郎」作・演出”ジャガーの眼”2008観劇へ

午前11時から、
”医王寺”において、
毎年恒例の、
町内(咲見町)敬老大会に出席する。
町内には
75歳以上の高齢者が72人を数え、
今日出席した約半数以上の方は、
94の女性を筆頭に皆、
高齢ながら矍鑠として、
世間話に花を咲かせ”カラオケ”に興じながら、
敬老大会を楽しんでいた。
(写真左より渡辺町内会長と高田住職(熱海社会福祉協議会長)
s-IMG_7111.jpg
s-IMG_7119.jpg
今日はこれから、
これからと言っても、
午後3時30分の新幹線で上京し、
午後7時開演の、
唐組・第42回公演「ジャガーの眼」・2008を観劇するため、
東京駅から
JR中央線に乗り換え「三鷹駅」で待機している、
脚本家「石森史郎」氏と合流する予定である。
石森氏には先日、
韓国映画「Pick Pocket」の企画書を送付し、
制作協力できる、
スポンサー探しを依頼したことで、
下記のような返事がメールで届いた。
・・・・・・お電話ありがとうございます。
いろいろご配慮ありがとうございます。
韓国映画には興味があって、
実際、
今日もこれから観に行くところです。
「ヨコヅナ マドンナ」!!
「ファン・ジニ」には感動しました。
では、どんな企画が来るのか、
楽しみにしております・・・・・・・・・・・・・・
さらに、
”唐十郎氏”に会わせたいので、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%8D%81%E9%83%8E
一緒に芝居を観劇するようにと、
ご丁寧にも手紙と共に、
s-IMG_7109.jpg
”ジャガーの眼・2008”のチラシと、
来年2月7日と8日、
「三越劇場」で公演される、
石森氏の作・演出による、
”新しい風を、あなたに”~東京・築地・魚河岸人情~
チラシが同封されていた。
s-IMG_7107.jpg
芥川賞作家でもある、
唐十郎氏の公演スタイルは、
”赤テント”を張り、
公園等を主体に”公演”しており、
お会いしてお話ができるなら、
不躾ながら、
「熱海観光港芝生広場」にて、
年に一度だけでも、
公演できないか持ちかけてみたい。
スポンサーやその他の問題もあるが、
メディアへの仕掛け次第では、
日本中の
”唐組”ファン(赤テントファン)を、
泊りがけで、
熱海温泉に集めることも不可能ではないだけに、
石森氏のお誘いを喜んでお受けする。
その際には、
石森氏の口から、
「熱海国際映画祭」開催について、
唐十郎氏の考え方もお聞きして頂く予定である。
自宅3階のPCから
ブルグアップしていたら、
歩道から
太鼓や笛の音が響いてきた。
そういえば今日は、
町内の敬老会で出席を断念していたが、
「湯前神社」の例大祭である。
祭りのご神行が、
自宅前を練り歩くお囃子の音に引き寄せられ、
デジカメのシャッターを切る。
市長や県会議員、
数人の同僚議員が、
半玉さんや芸妓衆に引っ張られるカッコウで、
行進していた。
s-IMG_7120.jpg
今夜は芝居を観た後、
遅くまで付き合うことになると、
念押しされているだけでなく、
明日も都内で、
ゴッドライター「KAZUKI]と打ち合わせがあるため、
宿泊先を
「吉祥寺」にお願いしてあるが、
一昨日(郡山駅間)のように、
夜中に、
”ラーメン屋”を求めて
出歩かないよう心がけるつもりである。

Tags: , , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑