Today's Kenzo no image

Published on 9月 29th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会9月定例会最終日

今日午前10時より、
「熱海市議会定例会」の
今年度9月定例会最終日が開会された。
s-DSC04877.jpg
冒頭、
今定例会開催中に逝去した、
故加藤俊夫議員に対する発議案が提出され、
議員生活30年を称え、
黙とうが奉げられ、
斎藤市長と同僚議員から、
故人に対する追悼の言葉が送られる。
s-DSC04899.jpg
s-DSC04932.jpg
同僚議員の、
追悼の言葉を聞き入りながら、
30年以上も前の、
故人との出会いを思い浮かべてみる。
あれは、
小生が、
熱海市議会に初挑戦した、
昭和53年9月の補欠選挙の時だった。
その時期、
故人は、
小生が住む町内の、
町内会長を務めていた。
立候補時には、
東京と熱海を往復し、
その傍ら、
旧熱海新聞社社主の、
市議会議員選挙で知り合った支持者から、
市内の飲食店を任されており、
帰宅時間が早朝になるなど、
町内の祭事があっても、
諸般の事情から全く、
顔を出すことが出来ないまま、
ある日”突然”、
町内会への根回しもないまま、
市議選補欠に立候補したことで、
故人を含む
関係者の反発を買ってしまったのである。
結果、
”5,901票”もの得票を頂戴したが、
敢え無く、
3人の候補中、
社会党と自民党公認候補者が当選し、
小生は落選するも、
故人は翌年の、
昭和54年に市議会に立候補し、
初当選して以来、
連続8期29年5ヶ月間在任し、
この間、
議長を始め、
監査委員や農業委員等の要職や、
自民党議員団会長や幹事長を務めた。
この他、
上程された議案は全て通過して、
9月定例会の議事日程は終了したが、
小生の質疑内容や
議案に対する問題点など、
今後、
反対討論で存在感を示した、
井沢共一議員(共産党)の内容を掲載させて頂いて、
財政の健全化及び、
熱海再生へを目指した、
12月議会への指標としたい。
さて、
昨日大阪での話に戻るのだが、
”なんば”で拾ったタクシーで
西淀川に向かう途中で”珍名看板”を見つけたので、
デジカメに納める。
たこ焼き屋さん「どないや」
s-IMG_6954.jpg
この”どないや”という言葉は
大阪を知る人間にとっては、
珍しくも何ともないのだが、
熱海市内には、
この”どないや”を無意識に使う、
関西出身の事業家が存在し、
某ホテル社長や関係者の間でも、
会う度ごとに、
”どないや”と、
モノマネされるほど
ポピュラーな挨拶言葉となっていたので、
タイムリーな看板発見となった。
また、
今回も大阪出張でも、
ドッサリと新書や雑誌の類を買い込んでしまった。
自宅では、
時間の関係から余り完読出来ずに、
大好きなサウナに持ち込んだり、
寝床で、
飛ばし読み、拾い読みしたりしているが、
極力、
”積読”とならないよう気を配っている。
そういう意味においても、
新幹線や飛行機を利用する、
旅や出張の際には、
仮に積んでおいた本であっても、
携帯して読むように心掛けており、
長旅の楽しみの一つにもなっている。
s-IMG_6984.jpg
s-IMG_6985.jpg
参考までに
今回購入した本は、
「超、超整理術」(野口悠紀雄著 講談社)1,400円
「YouTubu・ニコニコ動画 動画職人になる本」(勝田有一郎/前田尊共著 工学社)1900円別
「iphone Start Guide」(ソフトバンク)980円
「ケータイ小説活字革命論」(伊東寿郎著 角川SSC新書)760円
「自治体格差が国を滅ぼす」(田村秀著 集英社新書)735円
「m9」エミキュウー(普遊舎)980円
「DIME」10月7日号 
「週刊東洋経済」9月27日号 670円
「週刊ダイヤモンド」9月27日号 590円と、
「新潮45」10月号 
松本氏から頂いた、
WEDGE10月号と週刊文春10月2日号が加わる。
/////////// 憲三の9月議会登壇 ///////////
次に、
昨日付けで、
NPO法人「復活熱海元気ですよ」実行委員会理事長名と
熱海ホテル旅館連合組合有志並びに
熱海芸妓置屋連合組合有志連盟の「趣意書」が送達されてまいりました。
内容は、
先日地元紙に、
「熱海市観光協会」がまとめた、
この夏の海水浴利用者数と
夏季イベントの人出が発表されました。
そこには「海水浴客」と
イベント参加者数が記載され、
それぞれ、海水浴場客15万1千人。
イベントには36万4千人が来遊したものの、
昨年と比較して、
2万6千人減少したと総括していましたが、
NPO法人が指摘するところでは、
日テレや
フジテレビ他のメディアが取り上げた、
「熱海野外コンサート」に集まった、
4万人以上ものデーターがスッポリと抜けており、
行間からは、
このNPO法人を敵対し、
意図的とも思われる数字を積み上げる、
協会のあり方を指弾する憤りが感じ取れました。
(以下明日最終稿)

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑