Today's Kenzo no image

Published on 9月 11th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

博多未練、大阪慕情、熱海であってね。

新幹線「博多駅」を、
午前9時発”のぞみ”に乗車、
午前11時45分に、
新大阪駅で下車し、
地下鉄御堂筋線に乗り継ぎ、
なんば駅から、
日本橋「タックワールド」事務所まで歩く。
昨日「博多」に入ったのは、
韓国産と熱海(佐口農園)産の
”醗酵黒にんにく”販売に関する打ち合わせと、
高橋弘会長(万葉倶楽部)直営の、
博多「万葉の湯」に、
九州の友人たちを案内することだった。
宿泊先「博多グリーンホテル2」は、
今回同行できなかった、
松本哲治氏(タックワールド)先輩で、
”醗酵黒にんにく”普及に取り組む、
佐世保市在住の、
麻生秀美氏(福義建設社長)と、
吾妻秀章氏(アレックス建築工房社長)が予約する。
              (左から麻生氏と吾妻氏)
s-DSC008930.jpg s-DSC00891.jpg
お二人と、
ホテル内のレストランで会合を持ち、
・熱海産黒にんにく納入時期と個数
・韓国産各商材と仕入れ価格
・各商材の納入時期と代金支払い方法など、
佐口静雄氏や
松本哲治氏から依頼された資料を手渡し、
地産池消となる、
黒にんにくを使用した2次加工商材について、
現在流通している、
加工醤油や健康食品など、
限定されている食材のほか、
佐口氏が、
熱海市の担当部課に提案し、
試食段階で好評の、
”サグチのブラックカレー”についてや、
薬事法等に抵触しない、
”黒にんにく”加工品の裾野の広さを確認し、
PCルームで、
松本氏と
ヤン社長(韓国三旿薬品社長)が登場した、
ブログを閲覧したあと、
s-DSC008962.jpg
「博多万葉の湯」へと向かった。
www.manyo.co.jp/hakata/
s-DSC009003.jpg
高橋会長から、
博多「万葉の湯」隣接地(800坪)を
買収して、
駐車場を拡張すると聞いていたが、
午後3時という時間帯にも関らず、
館内に流れる、
「万葉音頭」の
BGMに誘われるかのように、
リピーターが多いのか、
来館者は、
癒しとリラックスを求め、
豊富な温浴施設や各種マッサージコースへと
迷うことなく流れていた。
この日は丁度、
高橋支配人(会長4男)の出張に重なり
お会いできなかったが、
唐突に訪問したため、
携帯を通じて”気遣い”させてしまったので、
”タイ式マッサージ”で90分体を預け、
博多の夜に備えた。
さて、
昨夜の博多と今夜の大阪での、
”喰飲記”については、
明日以降にして、
「熱海再生への手ごたえ」(2)をご案内したい。
・・・・BBメディア田中氏からのメール・・・・・
そして、
カラオケ大会から
盆踊り大会になりました。
この盆踊り大会は、
この頃になると、
いろんな人が集まり、
歌と、光と、踊りと、人の笑顔で、
      (熱海在住の歌手・高瀬一郎さんと)
s-DSC00798.jpg
         (カラオケ大会入賞者と)
s-P1090439.jpg
この場所は
活気と元気にに満ちあふれていました。
これも、サプライズです。
最後のサプライズ、
次の日から開催される野外コンサートイベントの
会場に見学いくことになりました。
なんと、
次の日の0時から始まるというのに、
徹夜で並んでという若者たちが、
列をなしているのです。
若者たちが
徹夜で楽しみに待つイベントがあるのです。
そして
夜の熱海の街路には、
そのコンサート目当てに来た
若者たちの姿が多く見受けられました。
今回熱海に来て思いました。
この街は元気になると。
この街に人は集まります。
しかし、
今まで通りではなく、
人が楽しめ集まることをする。
今回、見学させて頂いたイベントが
良い例だと思いました。
カラオケ×盆踊り大会、
若者向けの野外コンサート。
子供から、お年寄りから、
そして、若者も、老若男女が
それぞれ違うイベントだけど、
笑顔の集まることをする。
(つづく)

Tags: , , , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑