Today's Kenzo no image

Published on 3月 5th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

高須基仁氏とメディア騒動の端緒とは

今朝の、
「ナカオカ珈琲店」は、
午前9時前だと言うのに、
店内はもとより、
店先にも着席待ちのお客で溢れていた。
4年近く利用してきたが、
これほどの混みようは初めてで、
テーブルに着くまで、
20分間ほど待ちの状態だった。
s-IMG_2157.jpg
s-IMG_2164.jpg s-IMG_21660.jpg
原因は、
「新歌舞伎座」で開催される、
”天童よしみ”さんの特別公演への
時間待ちのファンが
大挙して押しかけたためだ。
新知事誕生以来、
財政危機がクルーズアップされる大阪だが、
市井の人々の、
財布の紐を解かせる、
”カリスマ演歌歌手”の求心力を
まざまざと見せ付けられ、
不況時に
希望を与える”イベント”効果について、
考えさせられた。
さて、
この超多忙を、
一人カウンターでオーダーを次々と、
機械的に裁く「店長」をデジカメに撮り、
中西靖信社長(リードコーポレーション)が待つ、
「タックワールド」(大阪日本橋)事務所に急ぐ。
「南京」には、
近畿経済産業局への
「新連携事業」
案件基本情報シートシート作成時期と重なり、
残念ながら同道不可能だったが、
リードのスタッフ「李」さんに
関空からガイドして頂いた上に、
現地スタッフの皆さんから、
心温まる接待を受けお世話になったことを、
先ず、
感謝申し上げた。
s-IMG_2168.jpg
「LED蛍光灯」だけでなく、
電子部品取扱商品と
「フットマッサージャー」(ナショナル)の委託生産や、
通販商材の新規開発も可能で、
アイディア次第では、
”ナショナルコード”を通した、
中西”依存型”
ニュービジネス立ち上げも夢ではない。との、
発想も脳裏を走る。
さて、
高須基仁氏のモッツ出版の、
創立15周年と、
「私は貝になりたい」出版記念パーティーでは、
サイパンに収監された
「三浦和義」元社長とも身近に接したが、
鈴木宗雄衆議院議員からは、
代議士のかつての選挙区
”北海道釧路”の前市長で小生の高校時代の同期生と、
早稲田大学で同期生だったというより、
グリコ森永事件で、
”きつね目の男”として一躍名をはせた、
作家「宮崎学」氏を紹介されるなど、
miyazakimanabu.com/
”三浦”元社長への関心は薄く、
デジカメに収めることさえしなかった。
では、
高須氏が、
マスメディアから
集中取材を受けるきっかけとなった、
出版記念作品、
「私は貝になりたい」で、
熱海市と関係者が、
どのようにピックアップされたか、
本の内容を抜粋してご案内したい。

Tags: , , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑