熱海の名店名品紹介 no image

Published on 1月 16th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

茶寮「和び」

今夕6時から、
「熱海後楽園ホテル」にて、
「日本ジャンボー株式会社」創立、
50周年記念謝恩パーティーが開催され、
熱海市内外から、
関係者約700人が
お祝いに駆けつける予定である。
その式次第や、
出席者名簿を入手してはいるが、
パーティーの詳細については、
明日以降掲載させて頂くとして、
今日は、
先日「貞方邦介」氏(アルカサバ社長)と会食した、
熱海市内の林ケ丘にある、
茶寮「和び」をご紹介する。
ここの(茶寮和び)オーナーは
南麻布1丁目にて、
「アロマフレスカ」という名の、
ちょ~”有名”イタリアンレストランを、
経営されていると、
「植野剛史」店長から聞かされた。
先ず、
茶寮「和び」とは、
どのようなスタイルの
飲食店なのかについて、
店主が書いた案内状を抜粋してご紹介する。
    ☆
熱海の駅を降り立ち、
坂道を登ること車で五分ほど、
昭和初期の家屋を改修し、
s-IMG_0817.jpg
s-IMG_0818.jpg
s-IMG_0825.jpg
                     (植野剛史店長)
s-IMG_0822.jpg
古きよき風情を残す、
日本料理店です。
春には桜、夏には花火
秋の紅葉と虫の声
冬はゆったりと温泉に。
美しい自然の移ろいと
四季折々の食材を生かした
繊細なお料理を、
ゆっくりご堪能下さい。
s-IMG_0823.jpg
お席は、
一階が6席
二階が8席と6席の3室で
部屋は全室座敷になっており、
二階の二部屋は個室としても利用できる。
個室料金は
”温泉付き”で10,000円。
       (一階の席にて”「雨宮”来宮神社宮司や貞方氏を囲んで
s-IMG_0754.jpg
                (スタッフの廣嶋みずほさん)
s-IMG_0760.jpg
               (深々と来店のお礼をする植野店長)
s-IMG_0764.jpg
お料理は、
昼が2,500円からで、
今の季節なら、
・合え物、お浸し(先付け)
・季の魚造り(向付け)
・野菜・魚の炊き合せ
・手打ちそば(食事)
・菓子、季の果物 薄茶の
小懐石料理が楽しめる。
また「夜」も営業しているが、
要予約となっており、
8,000円コースと
12,000円コースが用意されており、
いずれも、
食事は”手打ちそば”となっているが、
当然”白飯”に変更できる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茶寮「和び」
住所 熱海駅より中心街、市役所の方向へと 
    下りて行きます。
    左手にシェル石油
    右手に干物屋(東海干物)がございます。
    そのすぐ脇の細い道を曲がり、
    山道を上がって頂きますと、 途中、
    大観荘、NEC保養所、
    更に行きますと
    ”突き当り”道が二手に別れております。
    
    左を50mほど上がって頂いた”左手”
    黒塀の古家が見えてまいります。
    そこが茶寮」わび です。
    熱海市林ケ丘4-8
営業時間 お昼は午前11時より午後2時半まで
        夜は午後5時から午後10時まで
定休日  毎週水曜日
電話番号 0557(81)6666
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
貞方邦介氏に続いて、
都内の有名店のオーナーが、
「熱海市」を商圏ととらえたのかどうか。
外から「熱海」を変えていただく、
新しい”息吹”が、
梅の開花に合わせるように、
少しずつだが、
聞こえてくるような予感がしてきた。

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑