Today's Kenzo no image

Published on 1月 13th, 2008 | by ken@jyohou.com

0

田島秀雄県議と新成人”富岡紗友理”さん

昨日「観光開館」で開かれた、
平成20年度の、
熱海市の「成人式」だが、
今年は、
男性”187人”女性”191人”の、
計378名が出席したが、
この日、
大人の仲間入りした成人の中に、
小生の知った顔もあった。
市内「富岡酒店」(富岡隆社長)の
長女「紗友理」さんである。
紗友理さんは、
感想文「20歳のメッセージ」に応募入選し、
司会者に紹介されて、
最前席から
色彩豊かな着物姿を見せたのだが、
何せ、
小生の席からは遠く、
デジカメのズームを一杯にしても、
アップは困難だったが、
幸い、
お父さんの「富岡隆」氏と同期の
田島秀雄県会議員と、
役所前にて”キャッチ”できた。
s-200810130.jpg
さて、紗友理さんだが、
彼女は「貞方邦介」氏が経営する、
「熱海リラックスリゾートホテル」にて、
スタッフの一人として活躍している。
前の日には、
「紗友理」さんの社長や上司と、
「茶寮」和びにて、
昼食をしていた。
その際、
紗友理さんについて、
斉藤支配人は、
将来を嘱望される、
”エステティシャン”として、
上司の厳しい指導にも
音を上げずに付いてきており、
着実にステップアップしていると、
鈴木和美副支配人共々、
べた褒めだったが、
富岡氏と小生の間柄を知りつつの、
ヨイショかどうか、
今月末か来月始めには、
平石氏か小生が、
持ち前の明るさに、
技術が伴ってきたかどうか、
「紗友理」さんには内緒だが、
「リラックスリゾートホテル」に伺うと、
斉藤支配人の
間接的”営業手腕”に思わず応えてしまった。
また、
小生がお付き合い頂く、
「貞方邦介」氏(アルカサバ社長)が
熱海市民として、
単なる、
高額納税者の一人としてだけでなく、
将来を夢見る
一部地元の子供たちの目に、
リラックスリゾートホテル
経営理念と
将来性が受け入れられ、
その夢が叶うようにと、
雇用の門戸を開いていただいた事に、
心から感謝を申し上げたい。
熱海から、
著名なエステティシャンが育ち、
若い女性の、
憧れの職種として更に脚光を浴びるよう、
実技を伴った、
”貞方エステティシャン熱海塾”(仮称)の設立で、
全国から生徒を募集できれば、
新生”熱海”の
一つの方向性が見えてこないか、
田島県議の手を握りつつ、
”他力本願”的発想を、、
フラッシュに託して記念写真と相成った。
さて、
さて、である。
先日、
その”紗友理”さんより、
約2回りほど年の離れた”還暦”男3人が、
ここ数年、
恒例となった”新春”ゴルフに興じた際の、
写真説明をしたい。
場所は「西熱海ゴルフ場」、
メンバーは、
伊木茂樹「釧路石炭」社長と
鈴木三郎ABCホーム社長と、
鈴木氏の奥方と小生の4人。
s-IMG_0773.jpg
ここ数年、
約50年来と、
四捨五入すれば
約40年ものお付き合いになる親友たちとは、
年間2~3回、
西熱海ゴルフ場にて”接待”ゴルフをしてきた。
接待というからには、
ダレが誰をということになる。
無論、
小生が”伊木君”に対してであるが、
昨年から、
”サブ”ちゃん(鈴木三郎氏)も、
釧路から遥々やってくる、
”伊木君”と気が合うのか、
「ひさ花」(天神町の食事処)では、
散在させてしまった。
s-IMG_0781.jpg
s-IMG_0782.jpg
今年の初打ちも、
ミスショットと”大笑い”の連続で始まった。
ただ、
今年も小生
”運”が付いてきているようで、
偶然、タマタマ、ラッキーが重なり、
”見せ場”を
シッカリと押えられたようだ。
インからの出だしで、
5,8,10と大叩きしてしまい、
そうでなくても、
サブちゃんの奥方から、
~冬のグリーンは速くて難しい~と、
プレッシャーを入れられており、
普通ならこのままズルズルと行くところなのだが、
14番のショートでバーディ、
17番ではパーをセーブして
結局「51」とマアマアのスコアで、
アウトは、
これまた出だしの2ホール乱れて、
7,7と叩いてしまい、
5,6,8番とパーを拾ったものの、
「49」でホールアウト。
スコアはジャスト100だったものの、
伊木君は「47」、「50」、
サブちゃんは「53」、「55」、
マリさん(奥さん)は「54」「47」で、
伊木君の勝利となったが、
オリンピックでは、
ワンパットが4ホールだけだったのだが、
”運”が味方したののか、
”バーディ”金が効いて、
小生の一人勝ちとなった。
打ち上げは、
焼き鳥の
「杉やま」で、
飲まない小生を真ん中に、
カウンターに陣取り、
カシラを筆頭に、
上しろ、手羽先、つくね等をつまみに、
伊木君もサブちゃんも、
更に意気投合したようである。
s-IMG_0784.jpg
s-IMG_0786.jpg
伊木君、
年季の入った、
”タレつぼ”や焼き台を
~珍しい~と
釧路に土産に持ち帰るのか、
携帯のカメラに収め、
サブちゃんは、
大将の杉山さんに、
旧熱海新聞社の
記者時代に、
”杉やま”に通っていた当時の、
先代にまつわる”話”をふって喜ばせ、
その場の雰囲気を盛り上げた。
今回の
釧路からの親友への接待は、
金額に換算して、
占めて”1万円ジャスト”でした。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑