Today's Kenzo no image

Published on 11月 3rd, 2007 | by ken@jyohou.com

0

澤田政廣記念館”特別展”今日から

11月3日は、
小生の誕生日。
文化の日という、
慶事に生まれた”めでたい男”も、
満61歳ということだが、
気力体力、
まったくその自覚(年齢)がないのも、
「愛犬ふ~」との
欠かさぬ散歩(出張以外)と
アミノ酸のかたまり、
”黒ニンニク”を食しているからではと、
内心ほくそ笑んでいる
”今日この頃”、
今朝は
9時30分から、
熱海市市政施行70周年を記念する、
式典が二つ開催された。
一つは、
「澤田政廣 仏教の世界」と題された、
特別展で、
もう一つは、
「池田満寿夫記念館」のオープニング。
               (池田満寿夫記念館テープカット)
s-CIMG7705.jpg
池田記念館に関しては、
愚息「京三」が、
故満寿夫氏のパートナーだった、
「佐藤陽子」さん(バイオリニスト)の
秘書だったこともあり、
後日、
懐かしい写真を探した後、
記載するとして、
今日は
「澤田政廣記念美術館」について報告したい。
澤田特別展初日は
開館20周年とあわせ、
斉藤市長を始め、
関係者が集まり、
テープカットのセレモニーとともに、
オープニングとなった。
文化勲章受賞者の
「澤田政廣」熱海名誉市民は、
93歳で没するまで、
多くの木彫作品や絵画・墨彩・陶芸・版画・書など、
広い範囲での芸術作品を残した。
詳細は、
熱海市の
ホープページを参照頂くとして、
館内には、
生命感と詩情に溢れた
文化の香りの高い、
見ごたえある作品が、
数多く展示されており、
観光客ばかりでなく、
熱海市民にとっても、
一見の価値のある”特別展”と推薦したい。
s-CIMG7685.jpg
           (お久しぶりの、超多忙、橋本議員と)
s-CIMG7697.jpg s-CIMG7696.jpg
また、
この特別展を記念して、
澤田政廣が残した、
芸術・創作・望郷のことばを収録した雑誌、
「芸術の心を射抜く矢」が、
開館20周年を記念して刊行された。
編集発行は、
熱海市立澤田政廣記念美術館で、
一冊”1,500円”とチト高めだが、
生きる喜びとは何か、
芸術の心とは、
我々一市井に生きる人間にとっても、
当てはまる、
勇気を与えてくれる”ことば”が、
”ギッシリ”と詰まり、
読みやすい編集となっている。
その中から、
昭和61年に表した、
「夢」と「心に感じた詩」をご紹介し、
澤田政廣「特別展」へと
誘うことがことが出来れば幸いである。
「夢」
人間に夢
夢のない人生
私は常に夢を追って
今日まで色々な道を
歩いてきた
「心に感じた詩」
女性を彫るとき、
心に感じた詩を謳いあげるつもりで彫ります。
ポエムであり、
情熱であり、夢です。
仏像を彫るときもそうです。
ただ、
仏像に関しては、
私は私の、
現代の仏像を彫り続けています。
特別展は、
今日から来年4月6日まで開催される。
詳しくは、
熱海市立「澤田政廣記念美術館」
住所 熱海市梅園町9-46
電話 0557(81)9211番まで

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑