Today's Kenzo no image

Published on 11月 27th, 2007 | by ken@jyohou.com

0

「遊画会」第2回熱海教室日本画展

愚妻が
絵画教室に通い始めて、
かれこれ7~8年以上になる。
当初は、
西山町に在住だった、
鶴の画家で有名な、
「藤島」画伯主催の、
絵画教室で基本を学び、
その後、
藤島画伯のご子息を経て、
そして現在の、
「大場茂之」講師の生徒となっている。
この間、
愚妻に関して言えば、
趣味の範疇とはいえ、
自分の作品を
年に一度、
展示できるチャンスを得たことで、
仕事の合間を縫っては、
キャンパスに向う時間を楽しむようになり、
~ボケ防止だわ~とか何とか言いながらも、
小生との会話も大幅に増え、
ここ数年、
意思の疎通がスムースとなり、
言い争いをした記憶がないほどである。
ま、身内話はほどほどにして、
今日は、
昨日までの、
大阪、和歌山での見聞録、
今朝10時からの、
12月議会に向けた「政調会」での
内容などについては先送りして、
遊画会
”第二回熱海教室日本画展”をご案内する。
展示会場となった、
魚料理「きときと」
季魚喜人ビル2階には、
遊画会「熱海教室」生徒さん、
大澤正志さん、金子敏子さん、神山征治さん、
佐古幸江さん、鈴木日登美さん、仲田洋子さん、
中島麗子さん、中山千鶴子さんと愚妻の京子を加えた、
”10名”の作品が並んでいた。
s-IMG_0095.jpg
最終日の会場入り口には、
金子芳正議員(ネコちゃん)が、
奥様同伴で到着、
ご一緒して会場に入る。
上記生徒さん名簿からお分かりのように、
ネコちゃんの母君
敏子さんも出展していた。
小生、
審美眼に欠けているが、
敏子さんの作品を鑑賞しているうちに、
鳥肌が立つような興奮を覚えた。
デジカメでは
残念ながら、
”作品”の意図するところが、
写しだされてこないのだが、
展示場で、
フットライトを浴びた、
花に特化した作品から、
90歳を超えた”作家”とは、
俄かには信じられない、
際立つ配色が彩、
”芽生え”の鼓動として伝わってきた。
小生の
感じたままを耳にし、
照れる”ネコ”ちゃんを、
お母さんの作品をバックにパチリ。
s-IMG_0091.jpg
そのネコちゃん、
今年は予期せぬ病魔に襲われ、
生死の境を彷徨う”大病”から、
奇跡的に回復し、
議員としては、
常任委員会、特別委員会と
小生とは交互に、
”正副”を受け持つ仲でもあり、
会派は異なるものの、
気心が通じており
小生との相性も悪くない。
つい先日も、
超党会派での視察研修をご一緒している。
さて、
その”ネコちゃん”の
奇跡のカムバックに尽力した、
ナンバーワン功労者の、
奥さんの要望も含めて、
「大場茂之」講師の作品をご紹介したい。
s-IMG_0103.jpg
s-IMG_0104.jpg
s-IMG_0102.jpg
大場先生を筆頭に、
会場提供の
「中島麗子」さん(中島水産)を始めとした、
s-IMG_0093.jpg
s-IMG_0094.jpg
他のメンバーの皆さんには、
来年は
さらにスケールアップした
作品展示を期待したい。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑