Today's Kenzo no image

Published on 4月 3rd, 2007 | by ken@jyohou.com

0

臨時観光大使”大沢樹生”さんと”せんだ”さん

今朝、
「網代」の友人から、
ーすげ~よ。新会社になってから、
 サカナが急に獲れだした。
 今朝は”鰤”が1,000本あがったから、
 後で届けるーと、
携帯を通して荒い鼻息がビンビンと響く。
「網代漁業会社」が
仕掛けた網に、
連日”鰤”や”鰆”、”鯛”等が大漁だという。
つい3月議会で、
小生が「熱海市」に対して、
”網代”の活性化について質したばかりで、
この漁業会社の経営権が、
岩手の網元に譲渡されたことも、
併せて報告しているが、
その新会社に移行したばかりで、
早くもその経済波及効果が、
具現化された形となったのは、
網代漁業会社の、
新役員が一新した、
先月26日から31日まで、
一日休みを挟んで、
4日間で”600万円”もの
水揚げが計上されたからである。
態々届けていただくのも失礼なので、
”・・活動”の途中、
午後一番で、
干物業者である友人宅を訪れると、
冷蔵庫から三枚に下された”鰤”が、
スチロールのハコに
申し分ないカタチで収められていた。
聞けば”新会社”となって、
月商一億円を目標に、
時代に即応した仕掛け網で、
漁獲高を上げ、
地場産業の雇用と再生を視野に、
チャレンジする意気込みが、
間接的だったがビンビン伝わってくる。
またその友人からは、
あさって、
齊藤市長が、
この友人宅の近くの支持者の家で、
4月市議選出馬予定の、
候補者の司会により、
”地域住民を囲んだ会合”を開くので、
是非出席して、
市長の網代に対する知識と対応について、
ジックリ聞かせて頂くと、
長い便秘から解放されたような、
スッキリした表情を見せた。
地域振興に格差があってはならないし、
その町の特性を知悉して初めて、
活性化案が生まれる。
この網代湾の”大漁”と、
市長の”ふれあいトーク”が、
一過性のものにならないことを祈りたい。
さて、
先日のイベントでは、
タレントの「せんだみつお」さんや、
s-CIMG4590.jpg
俳優の「大沢樹生」さん(元光GENJI)が、
熱海市の”臨時観光大使”として、
イベントの華を添え、
JR熱海駅を利用する来遊客に、
PR活動をしていただき、
大盛況の内に終了した。
s-CIMG4591.jpg
イベントの後のご苦労さん会が、
”市内某所”で行われた。
そこには、
主催者である、
芸妓衆やゲストの皆さんが参集し、
今日のイベントから受けた感触を元に、
今後の展開について話し合った。
s-CIMG4594.jpg
s-CIMG4595.jpg
s-CIMG4599.jpg
s-CIMG4600.jpg
s-CIMG4602.jpg
5月には”熱海で元気に阿波踊り”、
8月には”浴衣祭りコンテスト”が、
この日の主催者がメインで予定されており、
サプライズなゲストの名前も、
飛び交い、
この企画が現実すれば、
観光地熱海のイメージが
根底からリフレッシュする可能性を秘めている。
せんださんと大沢さんは、
4月7日の日曜午前6時30分から、
「東京MXテレビ」で、
”SHIBUYA食堂”という番組が、
30分枠でオンエアされる。
熱海でも”IKC”(有線テレビ)に加入していれば、
”35チャンネル”で視聴でき、
番組の中で、
熱海市を取り上げていただくよう、
同席した
”製作プロダクション”社長に同意を求めたところ、
ー是非にでもお願いしたい。
 今日のイベントを通して、
 新しい熱海温泉の魅力を、
 昼間に映える”芸妓衆の華”を
 せんださんや大沢さんが引き出してくれたことで、
 新しい観光客の掘り起しが模索できるーとして、
真剣に取り組みたいと硬く”手を握られた”。
大沢さんも、
今月から「NHK」でオンエアされる、
「柳生十兵衛」の弟役で出演が決まっている。
お互いビジネスになれば、
自ずと人が集まり活気に繋がる。
「梅園」(期間60万人)、
「花火大会」(年間50万人)、
これだけの来遊客を、
渚、浜町、銀座、中央町
清水町等に回遊させることで、
夫々が企業努力をして、
呼び込む戦略を立てれば、
今あるものを見直し、
お金を掛けずに”リピーター”を増やすことは、
大いに可能性の高いプランであろう。
それを実現するための、
この日二回目となる、
「熱海元気ですよ」イベントが、
熱海再生の呼び水となるように、
熱海芸妓置屋連合会、
熱海ホテル旅館協同組合の関係者の、
一致協力を仰ぎたいものである。

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑