Today's Kenzo no image

Published on 8月 14th, 2006 | by ken@jyohou.com

3

真夏の夜に集う!

夕べは4日ぶりで、
”アルコール”を口にする。
広島、大阪と食って飲んでが、
続いたので、
熱海市渚町に、
イタリアンレストラン「門」という、
熱海でも老舗の人気店があり、
ここで、
月一親睦会「安井会」が開催されるまで、
”サケ”を封印していたのである。
「安井会」メンバーは、
DR安井を中心に、
大一楼、ワタナベ食品、大洋舎、石井工務店、
岩井塾、キノシタ、乙部電気で構成され、
市内の飲食店で食事をしながら、
情報交換する会で、
今回は「門」にて集うことに。
以前にもご紹介したが、
ここの(門)飼い犬「ケン」ちゃんと、
小生の愛犬「ふ~」が兄弟で、
ご主人の「大塚」さんとも、
古い知り合いという事もあり、
ここのレストランでは、
プライベートでも利用させていただいている。
さて”夕べ”の話題はやはり、
「熱海市長選」についてである。
白ワイン、
一人一本相当を空けながら、
メンバー各人”侃諤”の議論を、
吐き出したのだが、
「安井会」での統一した
候補者の一致を見るまでに至らなかった。
親睦会も終わりに差し掛かった頃、
店(Ya~Ya~屋)から電話が入った。
”高”さんと、
「高橋会長」(万葉倶楽部)が
店で待っていた。
「高宝祥」氏は、
s-CIMG076001.jpg
貞方邦介氏(アルカサバ)の知人で、
”貞方パーティー”にも顔を出し、
最近、
六本木から熱海に住民票を移したばかり。
熱海に籍を移す前の、
名刺から肩書きをご披露すると、
東京華僑総会理事、
留日華僑北省同郷聯合會理事、
東京マヒホ會会長、
日本大学校友同期会会長、
六本木商店街振興組合員、
六本木倶楽部名誉顧問、
極真会館増田道場代表顧問など等、
書ききれないほどの役職を持つ。
運勢を開花させるという、
”金”(ゴールド)信奉家で、
名刺まで”金箔”で、
”金ぴか”をウリに、
大成した人物だと知らされた。
また”カウンター”には、
夏休みで”前のマンション”に滞在中の、
松本スクリーンご夫妻も、
食事しており、
お土産に頂いた”甘納豆”や、
”おいキムチ”のお礼を述べ、
隣に座った、
高橋会長をご紹介し記念に一枚。
高橋会長は、
「市長選」に関する意見交換を、
後から店に来た、
「松尾光貴」氏(福島屋旅館)と、
額をつき合わせて話すなど、
この夜の会長、
珍しく”赤ワイン”を飲み、
「高」さんや、「松本」ご夫妻に、
s-CIMG076003.jpg
全国の万葉倶楽部施設を網羅した、
パンフレットを手に、
紹介するなど”ご機嫌”だった。
さて、
9月3日の告示を前に、
表面的には、
今一盛り上がりに欠ける、
熱海市長選だが、
ここに来て、
昨日の日曜日には、
市長選を分析する”チラシ”が
全戸配布され、
今日は午後4時から、
熱海市観光会館において、
「アントニオ猪木」氏が、
来熱し、
立候補を断念した、
「片桐達夫」氏と
”熱海を熱く語る”と題した、
パネルディスカッションを開くなど、
「市民」の関心を引き出すような動きが
出始めてきた。
とはいえ、
4選を目指す現職には、
15人もの市議会議員が張り付き、
公共事業関係者、
各町内会長や老人会などを取り込み、
「渚の再開発」など、
大きなプロジェクトを現市政で推進したい、
関係者の思惑を吸い取るなど、
万全の構えで、
他の候補を圧倒しており、
民主党系や、
ホテル・旅館業界を代表する候補者、
新生熱海の会の代表者等、
”新人候補者”には、
市民が熱狂したくなるような、
”観光客誘致の即効性ある施策”を、
明確に打ち出せないことから、
不利な戦いを強いられているとの、
感は否めず、
市民への浸透度は今のところ、
薄いと言わざるを得ない。
ただ、水面下では、
三者統一して”現職”と、
一騎打ちの戦いを仕掛ける動きもあり、
向こう一週間を山場に、
対抗勢力の調整が注目される。

Tags: , , , , ,


About the Author



3 Responses to 真夏の夜に集う!

  1. 松尾@村山会 says:

    久し振りに高橋会長とゆっくり話すことが出来ました。ありがとうございました。
    あの「チラシ」は困った物ですね。
    虚偽や捏造された記事が多いとはいえ
    折り込まれた部数を考えると馬鹿に出来ません。
    例えば斉藤事務所開きの人数が40名と書かれていましたが、友人が数えたところ120名いたので、他陣営の様子見と報道関係者を引いて100名にしたと、後で言っていました。
    そう言えば四年半前の市議選の時も、あの「チラシ」には村山陣営に対する「悪意を持った捏造記事」が掲載されて迷惑した事がありましたね。
    今度は誰に頼まれて「捏造記事」を書いているのか興味があるところです。

  2. 村山憲三 says:

    気にするな!”松っちやん。
    御用チラシの宿命と、
    理解して、
    ”笑い”飛ばして、
    小生の後援会長として、
    泰然自若と”構えて”いて下さい。

  3. 松尾@村山会 says:

    了解です。
    あの捏造記事を書いた人と
    偶然会った時にも
    冷静に対応するように気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑