w..." /> 「大阪グラスマーケット」 | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo no image

Published on 8月 22nd, 2006 | by ken@jyohou.com

0

「大阪グラスマーケット」

「離れの・・・宿」ほのかの、
www.honokanoyado.com/
開業一周年記念チャリティ謝恩会が、
今日12時20分より、
熱海KKRホテルにて、
www.kkratami.com/
昼夜二回に渡って開催される。
小生もスタッフの一人として、
日刊スポーツ担当者とともに、
進行をお手伝いすることになっている。
”真夏の宴、ひと時の夢”と題し、
「山川豊」歌謡ショーをメインに、
多彩なゲストとともに、
盛りたくさんのプログラムを用意している。
この模様は後日、掲載するとして、
大阪府浪速区日本橋に、
小生お気に入りの”メガネショップ”があり、
その”お店”CM”で、
今日のブログとしたい。
小生の親友「松本哲治」氏は、
PC・モバイルを中心に、
ホームページ作成事業やネット通販事業で、
業績を伸ばしてきた。
事務所は
大阪浪速区「日本橋」にある。
日本橋といえば、
電気のまちとして知られ、
最近では、
メイドカフェ、漫画・アニメのメガストアや、
ロボットプロジェクト、メディアスーパーなど、
”東京・秋葉原”と平行した、
「萌」やオタッキー族のメッカとしての、
色合いが濃く、
旧来の電気街と渾然一体となった、
活気で
マニアックなファンを魅了している。
タックワールドの事務所の近くに、
「グラスマーケット」という、
メガネショップがある。
s-CIMG07321.jpg
この店の店長、
「木村隆之」氏は、
メガネ専門店は、
フレームやレンズを含めた価格が、
50,000円以上の
ブランドを扱った高級店から
併せて7,000円から9,000円で、
購入できる”スーパー”感覚の、
リーズナブル店の
二極化が進んでいる。
老若男女、各人各様の顔の形や
”目”のコンディションは百人百色。
それに生活スタイルや
ファッション性においても、
”フィット”する
メガネフレームを選択する決断は難しい。
韓国の人気俳優”ペ・ヨンジュン”は、
出世作「冬のソナタ」で、
”メガネ”の魅力で
世の奥様方を魅了した功績は大きく、
”ペ”もどきの
”TPO”に併せるため、
安価でファッショナブルな、
インポートモデルが、
東アジアから大量に輸入され、
一人に三本から四本のメガネを持つ、
日本人男性が増えたと、
独自の分析を披露する。
この店の特徴は、
「眼鏡屋工房」、
「めがね・救急箱」。
「メガネの宅配便」を標榜し、
新しい形のメガネショップを展開している。
ーご注文いただいた
メガネの仕上がり工程を、
その場で見てもらえる、
OPEN加工スペース、
豊富な品揃えに自信ある、
メガネグッズ・エリア内なら何時でもお届けし、
メガネの宅配便・
メガネの原点でもある丸メガネから、
最新のインポートモデルまで、
スタッフがこだわって選び抜いた、
逸品を多数用意していると自信を語る。
s-CIMG07332.jpg s-CIMG07313.jpg
しかも価格はリーズナブル。
サングラスコーナーでは、
シャネル、カザール、ブォーグ、レイバン等、
他店では入手困難な、
限定モデル・廃盤モデル等、
見ているだけでも楽しくなると、
サングラス入門では、
1,000円からサングラスを多数用意し、
”グラサン”に興味のある方は、
是非のぞいて見てほしいーと、
木村店長は声を弾ませる。
”夜でもグラサン”の「KAZUKI」を、
次回は紹介し、
ここ”メガネショップ”の、
サングラスモデルの一人として”売り込み”、
売り上げに貢献してみようと、
考えたのだが・・。
グラスマーケット
住所 大阪市浪速区日本橋4-15-19
    メゾン・ディンプル1F
電話 0120-850667
    06(6643)7667
定休日 なし
アクセス 南海難波駅から徒歩5分
営業時間 AM10時~PM8時まで
店長 木村隆之
    

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑