Today's Kenzo no image

Published on 6月 20th, 2006 | by ken@jyohou.com

4

DR喜多の健康手帳(7)

今日は、
新宿コマ劇場に、
歌手「山川豊」さんにお会いするため、
午前11時に熱海を出発する。
8月22日、
”熱海KKRホテル”で開催予定の、
離れの・・・宿「ほのか」一周年謝恩感謝祭への、
ゲスト出演への挨拶を兼ねた、
打合わせのため、
外久保社長以下関係者と共に、
車で新宿に行かなければならない。
前回、大阪行きの目的の一つが、
このイベントの件で、
倉沢、山下両氏が待つ、
池乃めだか師匠の
難波のスナック「キャット」へ伺うことだった。
その他、
松本哲治氏(タックワールド)の系列IT会社、
モバイルコンテンツ運営会社、
株式会社「アクセスオン」
www.access-on.jp
八神順一取締役が開発した、
不動産賃貸検索システム
”借りとく”を関東地区で展開するにあたり、
マニュアル説明を受けたり、
この検索ソフトの応用について、
打ち合わせする目的も他方あった。
        (タックワールドにて、八神、稲葉両氏と松本社長)
s-CIMG9647.jpg
借主と大家さんとのダイレクトな、
コミュニケーションソフトでも言おうか、
不動産手数料を省いた、
賃貸情報を
”携帯サイト”を通じて
検索できるというもので、
小生は、
この双方向ツールを異業種の、
応用ソフトとして活用することで、
「アクセスオン」八神氏の、
説明を受けたのである。
さて、到着した夜、
大阪出張の今や最大の楽しみとなった、
”喰飲B級ハンター”、
松本哲治氏(タックワールド社長)による、
人だかり”飲食店”探訪は、
大阪千日前、”ねぎ焼き”の、
福太郎
s-CIMG9614.jpg s-CIMG9621.jpg
店内は30~40人が座れる、
コの字型カウンターに、
午後9時を過ぎていたが、
約4割近い客が、
カウンター幅の半分を占める
鉄板の上に、
調理人が焼いた、
お好み焼きやねぎ焼きを前に、
生や焼酎のつまみに盛り上がっていた。
小生はねぎ焼きを注文したが、
まっ、そこそこの味だった。
店内には、
「池乃めだか」師匠や「ホンコン」さんが、
二人揃って、
”福太郎”の宣伝パンフに、
味の推薦人として顔を揃えていた。
めだか師匠といえば、
「ほのか」の外久保社長より、
師匠の店「キャット」の共同経営者、
倉沢氏に手渡すものもあり、
連絡を入れえた後伺った。
「ほのか」開店一周年記念のイベントで、
山川豊さんがゲスト出演するのは、
倉沢、山下両氏の人脈を通じての、
特別出演だそうで、
そのあたりの経緯を聞くことができた。
(後日詳細)
s-CIMG9623.jpg s-CIMG9625.jpg
この夜の「キャット」には、
めだか師匠は留守だったが、
吉本新喜劇のタレントさんと、
スタッフのお嬢さん二人も顔を揃えていた。
打ち合わせの後は、
何時もの定宿”グランドサウナ心斎橋”へ。
足つぼマッサージダブルを、
松本社長に提供していただき、
グッスリと眠れたのである。
s-CIMG9626.jpg s-CIMG9627.jpg
ただ、
DR喜多とは会えずじまいで、
携帯を通しての会話となったので、
新しいカットの写真を撮れなかったものの、
「DR喜多」の健康手帳を掲載して、
皆さんの健康管理に
お役立てして頂く事にいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サラリーマンの医療費自己負担が、
3割に引き上げられたが、
患者負担を引き上げると、
病気になっても十分な
医療が受けられないと心配されたが、
むしろアメリカのように、
医療費が高くなると、
健康に対する意識が高まり、
ジョギングをしたり、
禁煙する人が増えて、
生活習慣病が減少し、
国民の健康状態が良くなるはずと、
考えられてきた。
少子高齢化が進み、
国家医療財源が不足している今日、
定期的に運動したり、
食生活に気をつけ、
健康を維持している人のことを考えると、
不摂生をして病気をした人が、
高い医療費を払うのは、
当然のことである。
本当に健康に感謝して、命を大切にし、
命を愛するならば、
命は一つ、人生も一回きりだ。
誰でも一度は死を目前のものと考え、
今、何をするべきかを、
考えてみることも必要であろう。
どういう価値観をもって、
人生を生きていくべきかを、
考えることである。
ガンにおかされ、
死を目前とする人は、
人は人生において何が大切かが分かる。
先ず第一に健康、
次に時間、
家族、友人、仕事などだ。
お金など物質的なものは、
どうでも良いことだと知る。
人は死から逃れられることはできない。
ならば、
人間として尊厳のある、
死を全うするためにも、
いかに生きるべきかを、
真剣に考える必要がある。
//////////////////////
DR喜多(喜多薫)
1941年和歌山県生まれ。
68年和歌山県立医科大学卒業。
75年大阪岸和田にペインクリニック開業。
81年医療法人幸会喜多病院設立。
04年病院経営から撤退
05年「メディカルステーションきた」を設立、
予防医学を中心に、
「病気にならない体つくり」をテーマに奮闘中。
俳優「小林稔侍」さんは、
学生時代からの親友。

Tags: , ,


About the Author



4 Responses to DR喜多の健康手帳(7)

  1. 松本哲治 says:

    先生こんにちは。
    来週に大阪で喜多先生とご一緒できればと思います。
    松阪へも同行できるの楽しみにしています。

  2. 吉田渉 says:

    毎日、拝見させていただいております。
    今年、熱海の海でアクアスキッパーをブレイク
    させませんか?
    21世紀型フィットネスマシーンです。

  3. 村山憲三 says:

    吉田さん!
    面白そうですね~っ。
    時間的余裕がありましたなら、
    一度「熱海」サンビーチで
    デモできれば話題を呼びそうですね。

  4. 村山憲三 says:

    松阪市には、
    名古屋のカジマ不動産の、
    梶間社長も
    当日同行する予定ですので、
    宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑