Today's Kenzo no image

Published on 6月 13th, 2006 | by ken@jyohou.com

0

9月”熱海市長選の候補者を読む”

平成18年6月市議会定例会が、
今日13日(火)午前10時より開催された。
審議される案件は、
予算案一件、
条例案六件、
一般案件三件、
報告案件十件の、合計二十案件。
本会議場では、
勤続15年議員へ感謝状と記念品が
若井、岡、大山の各議員に贈呈された。
      (祝福する加藤則夫氏と記念バッチを見せる若井議員)
s-CIMG9590.jpg s-CIMG9591.jpg
上程議案の説明に立った、
川口熱海市長は、
ー市が本来行うべき事業を仕分けし、
来年度以降の予算に反映すべきもの、と、
考えるとし、
2010年の、
「花の都熱海」実現に向けて、
今年9月に予定されている、
熱海市長選出馬への、
意欲を滲ませた内容となっている。
また、
平成18年度の、
熱海市一般会計補正予算・第一号など、
提出された補正予算第二号の、
補正額は、
約9,800万円で、
この中には、
団塊世代が退職を迎えることにあわせ、
夏から秋にかけて、
東京・横浜を対象に熱海市内で、
海(釣り)や山(農業)、
絵画や陶芸などの文化的な、
体験ツァーをして頂こうという、
バス2台分の経費他、
149万7千円を計上し、
来遊や定住に繋げようと
盛り込んでいる。
今、定例会の焦点は、
川口市雄市長の四選出馬への
意思表示がどこで示させるかであり、
定例会の中で、
与党議員の誘導質疑に
応える形になるのか、
別の形で、
表明されるかは推測の域を出ないが、
川口市長の
四選出馬は既成の事実と見られている。
このほか、
基幹産業衰退、財源枯渇、
超少子高齢化、雇用喪失の
”四重苦”で喘ぐ、
熱海市の舵取りに
近々名乗りを上げると見られる候補者は、
川口市雄熱海市長の他、
内田進熱海ホテル旅館協同組合理事長、
斉藤栄元国土庁職員や、
前回出馬した”片桐氏”と、
巷から聞こえてくるのが、
熱海市内に、
”闘魂尽社”建設を目指す、
A猪木氏の実兄や、
初島でカジノ実現をスローガンに、
意欲を見せる、
市内中央町在住の「O]氏など、
多彩な顔ぶれ。
いずれの候補者が名乗りを上げるにしろ、
熾烈な戦いになるものと予測されている。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑