ニュービジネス発案 no image

Published on 3月 6th, 2006 | by ken@jyohou.com

0

大阪ミナミ麺処「作の作」

日曜日の日中、親水公園には
多くの観光客が、
満開の”熱海桜”に向けて、
携帯のシャッターを切る姿が目立ったが、
遠藤夫妻(東通メディア)と、
浜町の”おばんざい”へ軽く一杯ということで、
午後7時過ぎに、
銀座・浜町周辺を歩いたところ、
一転して、人影が消えていた。
そうした客足を想定してか、
商店街のシャッターは閉ざされ、
街灯だけが虚しく歩道を照らしていた。
顔見知りの商店主からは、
「何とかして~っ」と、
悲鳴に近い懇願をされ、
観光地熱海に従事する者にとって、
景気回復など夢のまた夢といった、
印象を更に深かめ、
3月議会では、
こうした”市内”の夜の現実を踏まえ、
当局の真摯な対応を引き出したいものである。
さて、所変わって”大阪ミナミ”。
今回の目的の一つに、
倉沢・山下両氏から依頼された、
大阪ラーメンの関東進出に関する”事前調査”があった。
案内されたのは、宗右衛門町に店舗を構える、
元祖豚骨ラーメンの
「作の作」
オーナは、”浪速の仕掛け人”、
木村修作氏
s-200630413.jpg
この店の特徴は、
鹿児島産黒豚タップリの贅沢トンコツと、
ばら肉、鶏がらを12時間ジックリ煮込む独自の手法。
トンコツ特有の臭みを払拭し、
大阪発の新トンコツとして、
カドのないまろやかな濃厚スープに、
仕上げは、
秘伝の”脂味”が加えられ、旨味は更に増す。
店内はカウンターだけにミニ店舗だが、
芸術的味を求め、
「久本雅美」さんらタレントさん等の、
社員も飾られており、
しょう油,塩ラーメン・・・700円
みそラーメン・・・・・・・・750円
好評の、
しょう油キムチラーメンは800円を
男4人で”回し食い”をしたが、
前評判を裏切らない味を提供してくれた。
s-20063047.jpg s-20063048.jpg
ネット上にある、昨年10月での、
「関西の美味しいラーメン屋さん情報」では、
一大、一風堂、彩華らーめん、麺屋輝、もっこす、
千石楼、ガキ大将ラーメン泉佐野店、
王将阪急東通り店、雄来、鹿陽軒平野店、
天下ご麺、こだわりラーメンまるもうけや、
だんじょう軒、麺屋其の一、松原 恵比寿、
来来亭、しぇからしか、無鉄砲、純連の、
並み居る競合店を押さえ、
ナンバー1に、ランキングされた。
s-200630410.jpg s-200630412.jpg
しかし、「作の作」を有名店に押し上げたのは、
名古屋「錦」”サンシャイン榮”2階で、
昨年、
6月18日から8月31日の
期間限定で開催された、
名古屋麺屋横丁
ニューウエーブ7人衆の一人として、
出店し、
一日平均30万円以上を売り上げ、
美味いラーメンの証として、
数え切れない程の雑誌や
インターネットで取り上げられたことだ。
s-200630414.jpg
マスターは、
首都圏進出を目標に、パートナーを探し、
全てのノウハウを伝授して、
”ラーメン”を”弾”に、本場中国へ
日本の味を”撃ちこみたい”との目標を掲げ、
小生に、
名古屋で成功した”テナント”の運営、演出サインや、
厨房の詳細図面など、
”昭和30年代”の、
ラーメン黎明期当時を思わせる
貴重な”ノウハウ”が詰まった「ソフト」を預けた。
「作の作」に一歩踏み込んだとき、
何故か、8坪足らずの店だった
”つぼ八”(居酒屋)が急成長していった
過程を思い出したのである。
「作の作」関東進出に興味のある方は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[作の作」
〒542-0054 
 大阪市中央区宗右衛門町6-25
電話06(6212)4188

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑