Today's Kenzo no image

Published on 2月 1st, 2006 | by ken@jyohou.com

0

如月

昨夜は予定通り、
サブちゃんと「すぎ山」へ。
脂が乗った”かしら”、甘味のある肉質の厚い”レバー”、
プリン体こってりの”上しろ”、
入荷量が極端に少ない”ナンコツ”など、
秘伝のタレに付けては、
備長炭が真っ赤に燃える焼き台で煽っては
順番に
一品3本で皿に盛られ客の下へ。
臨時休業の翌日という事もあり、
カウンターからテーブル、座敷までお客で溢れていた。
サブちゃんとは何故か、
この日のゴルフに関する話は出なかったが、
9月の市長選に絡んだ、
”ご巷説”あれこれを厚く語る。
元旧熱海新聞記者だったこともあり、
巷の情報収集能力は高いようだが、
現職、基幹産業関係者、元県議、現県議や、
前回の対立候補者以外の名前は上がらなかった。
そこに見た顔が入ってきた。
加藤千晴氏だ。
千晴氏は、加藤則夫議員の長男で、
丸源ビルで、
スナック「百万$」のオーナーとして活躍、
来年の市議選出馬の下馬評が高い人物である。
s-200620100.jpg s-200620111.jpg s-200620122.jpg
その千晴氏、
歌は玄人はだしで、知識が豊富。
どんなお客にも合わせる事ができる。
そこで小生、
「ねっ、千晴さん。来年出るの」と、
水を向けると、
えっへっへ~と、口を噤んだが、
出馬すれば親戚の数から言っても
楽々当選の実力派である。
勝手気ままな話題を閉じて、
サブちゃんと「Ya~Ya~屋」に向う。
歩道に出ると、小雨が降り続いている。
このあと、サブちゃんは奥さんのマリさんを呼んで、
ご帰還となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
如月を辞書で引けば、
陰暦2月の異称とあり、
着物をさらに重ね着る意ではなく、
草木の更生することをいうそうだが、
2006年の如月は、陰雨の幕開けとなった。
2月1日は、
鱗友会調理師紹介所・
調理師鱗友会の、
新年懇親会を兼ねた、創立10周年記念が、
箱根湯本のホテル「おかだ」で開催され、
小生もご招待されていた。
s-20062001.jpg
毎年の事とはいえ、
「おかだ」7階の会場には、
全国の日本料理に関する各流派や調理師会、
調理師専門学校の代表者の方々、
約250人以上が一堂に会した。
熱海市内から駆けつけた、
板前さんや馴染みの親方の姿があり挨拶を交わす。
s-20062002.jpg s-20062003.jpg
この会の名誉会長は、
衆議院議員「かめい善之」氏。
この日は公務により、
弟で秘書の「亀井隆夫」氏が代理で出席した。
さて、熱海に限って言えば、
”板前さん”には冬の時代である。
大手旅館ホテルが次々と休廃業に追い込まれ、
活動する宿泊施設が減少の一途を辿る中、
旅館ホテル継続の投資家は、
”バイキング”を主体に料理を組み立て、
人的ムダを省くことで、
利益を追求する傾向が強く、
水産会社や鮮魚店から”三枚”に下ろした素材を、
盛り付けるだけでは、
”板さん”の存在は薄くなる。
耐震偽装にゆれる、建設業界だが、
熱海市では、
新規高層マンションが出来ても、
業者には採算の取れない、
日本料理店やレストランの併設などには
無関心のようで、
調理師さんにとって職場の選択は
狭まれる一方である。
そんな状況下、
伊澤鱗友会所長は業界発展のため、
全国の関係団体との親睦のため、東奔西走しているという。
また、娘さんは
「大相撲」春日山部屋の親方夫人ということもあり、
毎年、豪華カレンダーや相撲グッズなど、
伊澤所長から送っていただいている。
午後1時少し回ったところで、
今後益々の発展とご活躍を祈念して、
箱根湯本ホテル「おかだ」を後にしたが、
陰雨に降り籠められた2月1日となった。

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑