熱海の名店名品紹介 no image

Published on 10月 12th, 2005 | by ken@jyohou.com

1

網代・干物「〆竹商店」

熱海マリーナに続いて、
波多野、朽木社長にリクエストされ、
ご案内したところが、
網代「〆竹商店」。
www.shimedake.com/
    (写真左より朽木、波多野社長、富岡ご夫妻)
s-CIMG6706.jpg
この干物屋の特徴や売り上げランキングなどは、
上記ホームページを見ていただくとして、
ここの主の「富岡求」さんは、
小生の親友だった故「森野嘉男」氏と、
長年相談相手として、また、
小生が経営していた居酒屋「寺田屋」の
取引相手としてお付き合い願ってきた。
          (〆竹商店内での、波多野、朽木社長)
s-CIMG6707.jpg s-CIMG6704.jpg
故森野氏は、小生が「日刊アタミ」というローカルの
日刊紙を発行していた時の、
創業メンバーとして、網代のニュースを担当、
また市議選においても、大きな尽力を頂いてきた。
酒が好きだった故森野氏は、
「〆竹」の小魚の干物をツマミに
網代若衆組の面々等と憩いの場を盛り上げてきた。
網代に「〆竹」ありと、
干物製造業界で知られるまで、
その商品j価値を高めた、
「富岡求」ご夫妻だが、テレビ放映も
普及に一役買ってきた。
富岡氏のご子息も、以前は映像関係者で、
「国際放映」系での
撮影関係の仕事も多かったようだ。
小生の関連で国際放映が
「〆竹商店」をテレビ放映されたときも、
全国から注文が殺到した。
さて今回、波多野社長自ら注文したのが、
あじとさばみりん、さんまみりん
いぼだいの詰め合わせセットである。
熱海の定番土産の東の横綱”干物”
旬の魚を、時間を掛けて丁寧に
天日干しして出荷する、
「〆竹」の製品は、口にした瞬間、
至福の喜びを覚えるようだ。
 (富岡ご夫妻とご子息)
s-img279.jpg s-img280.jpg
網代・干物 「〆竹商店
 住所 熱海市網代281-1
 電話 0557(68)0203
 定休日 毎週水曜日・月末最終日曜日
と、次なるお店へと駒を進めるのであります。

Tags: ,


About the Author



One Response to 網代・干物「〆竹商店」

  1. 波多野の妻 says:

    本当にココの干物は美味しいです。中でもサバは脂がのっていて絶品です。いつも有難う御座います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑