Today's Kenzo no image

Published on 10月 7th, 2005 | by ken@jyohou.com

2

結びつける糸

熱海に、
桃山荘」という
宿泊施設がある。
www.mytrip.net/HOTEL/20382/20382.html
ここの経営者は、
旧「つるやホテル」創業者、
故畠山鶴吉氏(元衆議院議員)の、
継承者の親族である。
名前を「河合浩道」氏という。
縁あって、長い間小生の仕事の一部を、
現在の「桃山荘」を運営するまで、
お手伝いしていただき、
現在も何かにつけ、親交を厚くさせて頂いている。
つい先日も、
貞方邦介氏が主催する、
セレブパーティに、
大竹啓之氏(ブラジルレストランセグレードオーナー)と、
小生の3人で参加した仲でもある。
さて、何が”結びつける糸”かといえば、
セレブパーティーから帰った翌日、
小生の店(ラーメン’S居酒屋「や~や~屋)で、
友人と会っていたところに、
カウンターで食事を終えた若いカップルが、
従業員に、
「トマタってどこですか」と、
観光マップを広げ上多賀を指していた。
聞けば、ここの停泊してある小型ボートを
譲り受けに、車でやってきたという。
話はこれからだ。
「大阪からですか」、
「何で分かりますの」
「いやっ、友人が大阪に多いもので、
チョットした訛でも分かるようになったんです」
「へ~っ、僕等標準語で話していたつもりなんですが」と、
話しかけたことで、一気に会話が弾んだ。
             (写真は藤内さんとラーメン’S居酒屋や~や~屋カウンター)
s-CIMG6684.jpg
名刺には、
株式会社アイビート
関西営業本部システム開発部
アプリケーションエンジニア、
藤内英明氏とある。
「では、今夜ボートを積んでお帰りですか」と聞くと、
「いえっ、今夜は熱海に泊ります」という。
「どこですか?」
「はい、駅裏の何って言ったか・・」
「どの辺りですか」
「駅裏の中腹だったかしら」
「じゃ~っ、桃山荘って言いませんか」
「あっ、そうです。そんな名前でした」
「ビンゴ」だ。
衰退したとはいえ、この熱海、
数多の宿泊施設が日夜努力している。
各施設必死で誘客し宣伝に余念が無い。
ネット上での売り込みも各旅館ホテルが
活用してそれなりの功績を上げている。
そうした施設があるなか、
大阪から「藤内」氏等が、
桃山荘を、それも、
河合氏と会った翌日に、こうした偶然を体現するとは、
”結びつける糸”を感ずる所以であし、
たまたま、お客を大事にする心がけが、
こうした偶然を引き出したのかは不明だが、
プラス思考の小生には、
話題の一つが、また増えたことには変わらない。
こうしたことがご縁で、
彼らや彼等の友人・知人が熱海に
来てくれれば本望である。

Tags: , , , ,


About the Author



2 Responses to 結びつける糸

  1. 藤内英明 says:

    こんばんは、藤内です。
    先日はどうもお世話になりました。
    肉味噌モヤシラーメンすごくおいしかったです。桃山荘もすごくいいお宿でした。
    特に屋上の露天風呂が眺めもよく最高でした!!
    偶然が結びつける人の縁には私と彼女も驚かされました。
    また、熱海に遊びに行った際にはや~や~屋と桃山荘に行かせて頂きたいと思います。

  2. 村山憲三 says:

    ど~も。
    見ていただいたのですね。
    ボートは無事に運べたのですね。
    肉味噌モヤシの宣伝ありがとうございます。
    また熱海にお越しください。
    縁と笑いを差し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑