熱海の名店名品紹介 no image

Published on 10月 14th, 2005 | by ken@jyohou.com

0

おばんざい「こだま」

熱海市銀座町に、
おばんざい「こだま」はある。
京風家庭料理を出すお店で、
酒も各種そろっている。
小生が公私ともお世話になっている、
山口ファミリーのボス、
山口雅平氏からのお誘いで、
久しぶりに、おばんざい「こだま」に入る。
おばんざい「こだま」は、かつて、
”こだま寿司”として、熱海市内外から常連客を
多く集める有名店だった。
       (生前の池田氏とご主人に囲まれる、美智代さん)
s-200510141.jpg
ご主人の「児玉富士夫」氏が2年前に急逝され、
その後、おばんざい「こだま」として、
未亡人の「児玉美智代」さんがお店を切りもりしている。
(写真右、児玉美智代さん)     (写真左、鈴木三郎氏と山口雅平氏)
s-CIMG6826.jpg s-CIMG6822.jpg
こだま寿司時代は、
池田満寿夫氏(版画家・作家)と
バイオリニスト佐藤陽子
さんが、
大のご贔屓店としても人気を集め,
写真家故「蕪木研爾」氏とここで知り合い、
wwwau.kodak.com/JP/ja/professional/photoSalon/4p145400.shtml
池田氏の陶芸作品集を、
蕪木氏が写真に収め発売され好評を博した。
(写真はその作品をキャメラに収める蕪木氏と池田氏。左は小生)
s-200510140.jpg
店に入ると、鈴木三郎氏(ABCホーム社長)と
山口氏がビールと焼酎で始めていた。
白木のカウンターに、銀杏串焼きや
小生の好きな、かぼちゃの煮物、枝豆、ししゃも等が
丁寧に出されるが、それぞれの旬の味覚を承知しているせいか、
常連には注文しなくてもツマミが出てくるのが嬉しい。
話題は今月公表された
熱海市内の大手宿泊施設競売物件に関する、
競落価格や後利用に関する推測などや、
共通の知人だった、
故池田氏や亡くなったご主人に纏わる
思い出話で盛り上がった。
山口氏の奥さんが顔を見せ、
特製マグロの「ずけ丼」を注文、
美智代ママは手馴れた包丁捌きを見せ、
マグロを切ってゆく。
それを見ていた、鈴木氏も
単品でずけ刺を注文した後、美智代ママに
デジカメ撮影を依頼、
      (写真左より鈴木、山口各氏と小生、山口夫人)
s-CIMG6825.jpg
上記の写真が出来上がった。
おばんざい「こだま」、
単なる家庭料理の店だけでなく、
居酒屋としての機能も併せ持つ和風料理店。
ほのぼのとした雰囲気と、2階は宴会ができ、
20人ほどの人数でなら落ち着く広さである。
おばんざい「こだま」
熱海市銀座町
電話0557(83)2648

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑