憲三の不思議体験 no image

Published on 10月 19th, 2005 | by ken@jyohou.com

0

「ドクター中松」氏イグノーベル賞受賞

今月6日、あの「ドクター中松」氏が、
35年間、自分の食事撮影してきたことで、
人を笑わせる研究で科学への関心を
高めた功績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の
栄養学賞に、選ばれ米ハーバード大学で
授賞式が行われたことが報道で大きく取り上げられた。
共同通信によれば、
授賞理由は、35年間にわたり
自分が食べたすべての食事を撮影し、
食べ物が頭の働きや体調に与える
影響を分析したというもの。
「イグ・ノーベル賞」はハーバード大系の
パロディー科学誌が「人々を笑わせ、そして考えさせる」
研究に対して贈呈する毎年恒例のイベント。
医学、物理学、平和などの賞があり、
賞の贈呈役は本物のノーベル賞受賞者らが務めるそうだ。
ドクター中松氏こと「中松義郎博士」との
面識は古く、国会タイムズ時代に知り合っている。
最近では、貞方邦介氏(アルカサバ社長)の
出版記念パーティでお会いし、小生のブログにも登場している。
今回の受賞の後、
10月28日(金)7時から開催される、
受賞祝賀会の案内も届いている。
さて小生はこのドクターがご自分の食事を
キャメラに収めている、
貴重な写真を所持している。
それがこの写真である。
s-img296.jpg
これは平成9年3月8日のことでした。
国会タイム時主催のフォーラムが、
旧「つるやホテル」で開催されたときのショット。
写真は、小生と河合浩道氏(桃山荘代表)
s-img297.jpg s-img298.jpg
めったに笑わないドクターが笑っている写真。
s-img299.jpg
この日集まった主な方は、
五味武ご夫妻、藤岡弘、ドクター中松、故金平協栄ジム会長、
佐藤陽子、故岡本功(元つるやホテル社長、元熱海市議)の各氏。
s-img300.jpg
この日は、五味会長が
旧「つるやホテル」社長就任を噂される
故「岡本功」氏を励ます会としてのテーマも持ち、
バブル以降の閉塞した熱海市の観光行政の
あり方についてデスカッションシした記憶が残っているが、
この数時間後、ショッキングな出来事によって、
小生の頭の中から、
会議の内容が一瞬にしてかき消されたのである。
それは、佐藤陽子さん(バイオリニスト)の
パートナーで
このフォーラムに参加する予定だった、
池田満寿夫」氏(画家・版画家・陶芸家)の
急逝に遭遇したためである。
こうした節目を思い浮かばせる、
ドクターの受賞に、結ばれた糸にたぐい寄せられるかのように、
不思議な巡り会わせを感じずにはいられない。

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑