Today's Kenzo no image

Published on 6月 8th, 2005 | by ken@jyohou.com

2

平石と白石、啓三郎と恵次郎

いや~っ、.驚いた。
偶然のこじつけネタを拾ったのである。
6月3日(金)
ホテルアイビス六本木 を
http://www.ibis-hotel.com/
チェックアウトしたのは、午前10時少し過ぎ。
平石啓三郎社長は
八重洲富士屋ホテル へ。
http://www.yaesufujiya.com/
朽木社長も、
午後4時に外せない用件がある、ということで
東京駅まで同乗。
荒木氏も東京駅へ。
小生も午後6時に別件で打ち合わせがあるが、
時間が有りすぎるので、
昼食をご一緒することに。
小生は六本木交差点でタクシーを拾い助手席へ。
何と、運転手の名前を見て”笑って”しまった。
平石社長と顔を見合わせ、
「えっ、社長!この運転手さん白石さんだって」
それも、啓三郎さんに対して恵次郎さん。
(運転者”白石”さんのネームカードと”平石社長の名刺)  (小生と”白石さん”)
s-2005670.jpg s-2005671.jpg
(平石、荒木、朽木の各氏)            (左”白石”さん、後部座席”平石”社長)
s-2005673.jpg s-2005672.jpg
なんという符号の妙、
長持ちするこじ付け”ネタ”を
拾い、
六本木から八重洲「富士屋ホテル」まで、
車内一同笑いを引きずり、
11時30分、ホテル2階の和食処で昼食とする。
「スペースキューブ」村上社長を待ち、
先日の日本映画テレビプロデューサー協会総会での
資料を受け取り、
(オリックス生命保険東京東本社中嶋さんと村上社長) (餃子に食傷気味の朽木社長)
s-20056630.jpg s-20056631.jpg
東京駅八重洲地下街へ。
”ラーメン激戦区”なる看板が我々の行く手を阻む。
富士屋ホテルに遅れてきた、
村上社長はまだ昼食前だったので、
「和歌山ラーメン」に入る。
そのあと近くの喫茶店に入り、
昨日から続いた余韻をそれぞれがしまい込み、
散会した。

Tags:


About the Author



2 Responses to 平石と白石、啓三郎と恵次郎

  1. 平石です says:

    先日は本当に偶然な出会いで、驚きました
    我が人生の中で初めての出会いでしたが 偶然とは
    いえ不思議な出来事でしたね、最近先生と出かけると
    色々な人達との偶然や、出会いがありびっくりして
    居るところです。

  2. 村山憲三 says:

    ど~もっ。
    もっと楽しく不思議なことが
    これからも我々の目の前に
    現実となって現れ、
    熱海再生への
    糸口になるようにしたいものです。
    10日からの、名古屋。
    期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑