Today's Kenzo no image

Published on 6月 11th, 2005 | by ken@jyohou.com

0

オリコン「小池聡行」さん

音楽ヒットチャート調査誌
「オリジナル・コンフィデンス」というのがあります。
故「小池聡行」さんは、その
オリコン」の会長兼社長として活躍、
    http://www.oricon.co.jp/
オリコンを日本一の
ヒットチャート専門誌に育て上げ、
音楽文化に多大な貢献をした方であります。
小池さんは、小生と同郷の”道産子”。
1932年、北海道日高三石町生まれ。
57年、同志社大学卒業後雪印乳業入社。
10年後の67年「オリジナルコンフィデンス」設立。
音楽芸能界で独自のジャンルを確立も、
残念ながら数年前、68歳で逝去されました。
小生は、小池社長と面識を頂いていました。
それは、
「GSR」(グローバルレインボーシップ・五味武理事長)
の一員としてボランティア活動に名を連ねていた頃、
親しくさせていただき、
韓国にもご一緒させていただきました。
気さくで親切な方で業界を熟知し、
新人発掘にかけては、
神がかり的なセンスが光っていました。
小生は、あるパーティで
川口市雄熱海市長を引き合わせ
紹介いたしました。
              (川口熱海市長と小池聡行社長(当時))
s-2005696.jpg
                  (韓国ソウル市内ホテルにて)
s-2005697.jpg
そこで、小生が提言したいのは、
熱海市の定住人口は4万2千人を切り、
その内、65歳以上の高齢者が31%以上と、
出生率、少子高齢化率とも、
静岡県下ではワーストワンという、
壊滅的都市構造状態に直面し、
”若者たちの雇用先も乏しく”
”夢も希望も失せたまま”の
現状を見据え、
市長(市当局)の発想として、
熱海発全国行き的な、
新人アーティスト発掘を
視野に、
熱海音楽祭を、
「オリコン」さんにプロデュースを委託してみては
いかがなものか、というプランです。
まだ、記憶に鮮明に残っているのは、
熱海観光港埋立地で開催された、
ハウンドドック」コンサートです。
熱海市内をファン8,000人で埋め尽くし、
宿泊客2,000人を記録した
あのイベントの市内経済波及効果は
今でも市民の語り草で、
機会があれば、
是非再現して欲しいという
願望は日に日に高まっています。
観光不況が続く、閉塞感を吹き飛ばす相乗効果として、
「チューブ」や「桑田バンド」、
「矢沢永吉」、「長淵剛」などの、
比較的大人ファン層を持つ、
一線級でイベント企画し、
熱海発新人
そのイベントを通じてデビューさせるなどという、
ドリームストーリーを仕掛けては
いかがでしょうか。
「市長」さん。
棚ボタ式タバコ税の有効利用という
課題も残っておりますので、
宜しくご検討のほど、
提言申し上げる次第でございます。

Tags: , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑