Today's Kenzo no image

Published on 5月 1st, 2005 | by ken@jyohou.com

2

愛猫「小町」逝く

我が家に「愛猫」がいました。
名前は、「小町」。ペルシャ猫でした。
平成3年から家族の癒し役を担ってきました。
小生が、ユジノサハリンスク(樺太)にはじめていった年に、
ペットショップ「トップ」
   (5月2日午後10時、小町の冥福を祈りに来ていただいたトップの大田ご夫妻と)
s-20055211.jpg
から購入しました。
気性の荒い「ペルシャ」でしたが、オスを知らずに純潔を守り通しました。
小町のカレシ~は小生だったかもしれません。
でも、
14年間生きたということは、人間で言えば、いくつくらいでしょうか。
今年に入り、ガンが発見されかかりつけの「露木動物病院」の
先生から、手術しても持って半年、悪ければそのまま逝ってしまいます。
「痛みがなければ、そのままで」
覚悟してました。が、この2~3日、
風呂場やトイレの床にベタッと、グッタリが続き、我が家では、
覚悟して、その後の手当をしていました。
今朝は、小町は息をしていました。
その後、伊豆高原ゴルフ場へ。
午前10時34分、女房から留守電3回。
意味は分かりました。携帯はロッカーの中。
s-2005520.jpg
帰宅後に状況説明を。
「息が荒くなり、3~4回暴れグッタリとなって病院に」
「私の胸で息を引き取ったフよ」と、女房。
s-2005521.jpg
函南の動物専門寺にお願いして、
葬儀を。
小町、長い間ありがとう。
合掌、小町。


About the Author



2 Responses to 愛猫「小町」逝く

  1. 波多野の妻 says:

    先生が猫を飼われていた事は知りませんでした。写真で見ましたが綺麗な猫ちゃんだったんですね。うちも猫を飼ってます。だから最期を見るのは辛く悲しいですね。小町ちゃんが来世でも先生やご家族の方と又、縁がありますようお祈り申しあげます。
    ちなみに我が家の猫はメスで名前はダナです。今度、機会がありましたら写真見て下さい。

  2. 村山憲三 says:

    どうも、ありがとうございます。
    今月中に一度お邪魔したと思っています。
    波多野社長に高橋日本ジャンボー会長さんから
    いただきました、
    新規事業提案についての
    ご意見を伺いたいと.
    思っております。
    あるいは、奥様ともども、
    熱海の来られる予定をおつくりになりませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑