松本..." /> 韓流 釜山旅行-その3- | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo no image

Published on 3月 15th, 2005 | by ken@jyohou.com

2

韓流 釜山旅行-その3-

先生こんにちは!大阪の松本です。
韓国日記その1でも書きましたが、釜山のどこか庶民的な雰囲気は、大阪の雰囲気と何か似ている気がしました。
ですから先生、3月28日から一緒に釜山に行きますが、僕は今からワクワクして仕事が手につきません。
それぐらい楽しみにしています。
大阪を気に入っている先生だから、きっと釜山も気に入ってもらえると思います。
今回の韓国の日記その3では、サウナの事と、向こうで発見した若者にかなり人気があるブランド “E X R” の情報をお送りしますね。
まず韓国のサウナは、日本と違って下のパンフレットの写真のような独特の釜風呂みたいな部屋が多いのです。

(画像をクリックすると大きな写真になります)
先生と一緒に行ったら、きっと目を細めて喜んでくださるだろうなぁ・・・と思います。


もっと面白かったのは、
韓国本場の垢すりは、お店の男性(韓国ではサウナは体を洗う所で男性スタッフが洗う)がパンツ1枚で私の体をゴシゴシしてくれるんです(笑)
多少の羞恥心は直ぐ消え、髪も全身も洗ってもらいながら、さらにマッサージもしてくれるので、
もうなんだか、全てお任せ…みたいな気分になりました。
他にも女性は、ハチミツ・キュウリパックなど、韓国ならではのエステがあるので、うちの女性スタッフにも、是非、お勧めしたいです。
先生、この店は絶対行きますよ!
次に、これは韓国の“E X R”というブランドで、韓国の若者に支持されているTOPブランドです。

まだ、韓国にしかありません。
その会社のサイトはこれです。⇒http://www.exrkorea.com/
デニムの使い方とジャージーの融合が何ともいえない、他にはない独特のデザイン性を感じ、見た瞬間衝撃が走りました。
私、日本に売っていないという店員の話を聞いただけで、本来は20代~30代半ばの購買層の年齢を全く無視し、つい飛び付いて上下のジャージータイプの服と、コンビ柄のお洒落な靴を買いました。
今、日本の若者の間では、仲間由紀恵主演で大人気の「ごくせん」というドラマの影響もあってジャージーが流行っているらしく、 沖縄アクターズスクールの子のような、活動的な若者だったら、もっと、似合うのではないかと思いました。
その後、たまたま店の社長と話をすることができました。
そこで面白い偶然に出くわしたのです。
なんと、この”EXR”の社長は、大阪によく仕事で来ているそうです。
しかも、私と年齢が全く同じ! 生まれた月も1月で同じ!
日にちは一週間
、私がお兄さんでした。
このブランドがとても気に入ったので、”EXR”の社長に、
「日本では売ってないの?」
と、聞いてみました。
そうすると、「売りたい」と言うので、
私は、たった何日間のお兄さんということを盾に、無理やりその場で
「日本では大阪だけでしか売れないと思うんだけど!」
と言い切ってみたところ。
“EXR”の社長も「私もそう思います。」という答えが返ってきた。
一瞬で2人の意見が一致したので、浪速(ナニワ)商人のセンスの良さを自画自賛!
この性格が何とかならないものでしょうか…。
でも正直なところこのブランドは、直感的に大阪の土地柄には合うと思いました。大阪人ならきっとこのアイテムが若者に支持されると思ったのです。
みなさまは(特に大阪の方)どう思いますか?

Tags: , ,


About the Author



2 Responses to 韓流 釜山旅行-その3-

  1. 村山憲三 says:

    そのブランド、年齢制限ないでしょう?
    小生も着て歩けますよね。
    タックの東海事業所としても、
    販売リサーチを掛けてみたいと思いますので。
    あとは、ブログの有効利用を考えましょう。
    では、28日からの釜山、よろしくお願い致します。

  2. 松本 says:

    年齢制限ですか・・? 先生だったらいけますよ。
    (軽笑)
    先生の事務所を、タックの東海事業所として使わせて
    頂いたうえ、販売リサーチまで・・・
    繁忙の日々の中で、僕の為に でも心強い限りです。
    何から何まで甘えちゃって スミマセン!
    クラウンの調子は如何ですか?
    また乗せてくださいね。
    ホント 釜山旅行が楽しみです。
    あっ昨日 チケット取って来ました。
    でも旅行よりリサーチ(仕事)になりそうなんで
    たまには真面目に遊びましょうよ・・ねっ 先生!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑