松本です。 名古..." /> 海の波多野さん | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo no image

Published on 3月 3rd, 2005 | by ken@jyohou.com

0

海の波多野さん

先生こんにちは!大阪の松本です。
名古屋でIT企業を経営する波多野さんは、仕事の話の途中でも、ふと、船と海の話になると顔がほころんじゃうんです。
実は、僕は船や海には、あんまり興味がなかったので、
どうして、そんなに嬉しそうな顔をするのか、ちょっと不思議でもあったんです。
2月8日。名古屋にお邪魔したときに、ついに、波多野さんが船を停泊させておられる
出光マリーナまで見に行きました。

海の話になると、いつもニコニコしている波多野さん。
海の爽快感とカジキを釣り上げて感動した話を聞いて、自分の目で見て、
ニコニコ顔のその訳が分かりました!

左がこのRex号のオーナー波多野社長。右が朽木社長。
朽木さんは、波多野さんの名古屋でのビジネスの友達で、私とも大の親友なんです。
数ある船の中で、Rex号だけひときわ輝いて見えます。
そして、見てください。この波多野さんの満面の笑み。



そこで、さも自分の船のようなポーズでパシャリ!(笑)



そして、すごいのはコレです。
チーム・レックスは、2年連続の優勝!
そのチームで実際に引き上げる人をアングラーといい、レックスでは波多野さんの奥さんがされています。
暴れまくるこんな大きなカジキを、一気に引き上げるんですから、
想像しただけでも、物凄いですよね。
今年の7月末の大会で優勝したら、三連覇となり、
女性アングラーでは初の快挙。
正式に申請したら、ギネスにも乗るという素晴らしい記録です。
その様子は、レックス号の格闘をご覧ください。

これに刺激された私も、とうとう自分の船を購入!

どうです。立派でしょう?

・・・というのは冗談。

実は、こっちは朽木さんのファビラス号です。
この朽木さんが、面白い人で、
まだ、自分の船に5回程しか乗ってないって言うんですよ。
しかも、どれが自分の船だか分からなくて、他の人に見つけてもらったぐらいなんですよ!
海と船の話題で、盛り上がる波多野さんと、自分の船がどれかも分からない朽木さん。
この対比が面白くて、本当に楽しい1日でした。

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑